So-net無料ブログ作成

「24時間テレビ」の裏で放送されたNHK「バリバラ」に大反響 [テレビ]

スポンサードリンク






日本テレビの「24時間テレビ」がエンディングを迎える2016年8月28日の19時00分から、NHK Eテレが「バリバラ」という番組を放送した。

img_20160828_01.jpg

「24時間テレビ」は障害者の「感動ポルノ」 裏番組のNHK生「バリバラ」に大反響 : J-CASTニュース

これが、「日テレ」に喧嘩を売っていると、話題を呼び、さらに議論を呼び起こして、それを核にして様々な議論が活発化しているようだ。

最近、NHKが攻めているな:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ

ちなみに、「バリバラ」自体は、4年ぐらい前からある番組で、「バリアフリーバラエティ」の略。週1回30分ののレギュラー番組だ。
司会の山本シュウや、 鈴木おさむ、カンニング竹山、IVANがレギュラー出演者だが、本当の主役は、身障者の芸人さんたちだ(それだけで食えている訳ではないので芸人の卵というべきか?)。
身体障害者自身がネタをやるという、お笑い番組で、もちろん、障害者が自分の障害をネタにもするし、ツッコミもする。
それに対し、鈴木おさむやカンニング竹山は、身障者という枠を外して、芸人として楽しみ、評価し、アドバイスを送る。

障害者も人間であって、みんながみんな聖人君子ではなく、黒い部分、エロい部分、駄目な部分を持っており、この番組は、障害者が作りたかった笑いを発表する場で、「NHKの攻め」を象徴する番組として、以前もご紹介したことがあった。

なので、この番組が「24時間テレビ」に対応して、突然思いつきで企画した番組ではないことは、まずはしっかり理解して欲しい。

NHK バリバラ | 【生放送】 検証!「障害者×感動」の方程式

そのベースがあったうえで、「24時間テレビ」の裏で、「24時間テレビ」をネタに利用したお笑い番組を作ったというのが、今回の趣旨だったのだろう。

オープニングで、出演者が着ている黄色いシャツや、「笑いは地球を救う」というキャッチフレーズに始まり、「感動的な障害者像」のドキュメンタリに、障がい者が自分からボケを入れ、ぶち壊していく「24時間テレビの」パロディコントは、きちんとお笑いに昇華できていて、なかなかの完成度だった。

そのコントに出演した大橋さんは、本家24時間テレビにも出演しているというから、これほど強烈な皮肉はないだろう。

NHK バリバラ | バリバラ動画 | 【生放送】障害者×感動 アフタートーク

ちなみに、こちらのサイトで、「バリバラ」放送後のアフタートークと、もう一つのお笑い企画が見られて、これも面白い。
それは、街中で障がい者が「辛さを前面に出し同情を誘う」のと「ネタで笑わせる」のでは、どちらが多くの募金を獲得できるのかを検証しているのだが、結果は「辛さを前面に出し同情を誘う」の勝利だった。

しかし、面白いのは、金額の差は僅差で、ネタで笑わせた方が、一人あたりの募金額が圧倒的に多かったこと。
それに対し、鈴木おさむがネタの内容に注文を付け、「もっと面白ければ金額でも勝てたのではないか」と本人に指摘するあたりが、この番組の視点のフラットさを表していると思う。

個人的には、今回の反響をきっかけに、毎週放送される「バリバラ」を、お笑い番組として見てくれる人が増えると、さらに嬉しいなと思う。

関連記事:
最近、NHKが攻めているな:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました