So-net無料ブログ作成

テレビ局の有料配信も定額制に向かうか? [ネット配信]

スポンサードリンク




見逃し配信の「TVer」が好調な一方、各放送局での有料動画配信は、Netflixなどの定額動画配信に押されて、あまり好調とは言えないようだ。
基本、番組単位で課金するサービスモデルだったので、割高感が強いのが、原因と考えたのか、放送局でも定額動画配信の動きが出てきた。

NHKオンデマンド

2008年に開始したNHKオンデマンドでは、現在、月額900円で、見放題のサービスを提供しており、

テレ東が定額動画配信 「WBS」など月額525円で見放題 - ITmedia ニュース

一方、民放ではテレビ東京が一番早く、2013年に「ワールドビジネスサテライト」「ガイアの夜明け」など、ビジネスマンに人気の6番組を月額525円で見放題にした最初だった。

日テレが、Hulu買収で仕掛ける「動画革命」 | ゲーム・エンタメ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

その後、日テレはHuluを買収し、その定額サービスの中で、ドラマなどを配信しているし、

フジテレビが定額制動画配信市場に本格参入~月額888円の定額見放題サービス「FODプレミアム」を8/1開始 - ネタとぴ

フジテレビは月額888円で見放題サービスを開始。

TBSオンデマンドで新ドラマなどが900円/月の定額配信。「マツコの知らない世界」も - AV Watch

TBSテレビも、TBSの番組が月額900円で見放題になる新サービス「プレミアム見放題」を開始したそうだ。

ただ、各放送局のためにそれぞれ毎月定額を払うかというと、それもちょっとなぁ、というのが正直なところ。

民放VOD:「もっとTV」が3月にサービスを終了――「対応端末が拡大せず」 - ITmedia LifeStyle

以前、民放5局およびNHKも横断で、月額900円(税別)で見放題になる「もっとTV」というサービスがあったのだが、利用できる端末がパナソニックのテレビ以外に広がらず、2015年1月末に終了してしまった。

ただ、失敗の原因は、サービスを主導する技術オンチの電通が、独自の配信方式で始めてしまったことで、パナソニック以外のテレビのネット機能との相性が悪く、どこのメーカーもそっぽを向いてしまったことにあり、決して、ビジネスのアイデアとして悪かったわけではないと思う。

今なら、このサービス、大歓迎されると思うのだが、最新のHTML5ベースの配信プラットフォームでリブートしてくれないかな?

関連記事:
「TVer」がいつの間にかサービスを拡充していた:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました