So-net無料ブログ作成

2016年10月度個人聴取率調査は変わり映えせず [ラジオ]

スポンサードリンク




57325842261ca0e06c9d13aed86692f1.jpg

2016年10月度個人聴取率調査で首位!TBSラジオは、おかげさまで連続トップを15年4ヶ月間継続!|株式会社TBSラジオのプレスリリース

番組改編直後の2016年10月度・個人聴取率調査の結果だが、今回もTBSラジオが1.3%で圧勝となったようだ。
個人聴取率単独首位は、2001年8月から続き、92期連続で、15年4か月間個人聴取率No.1を維持していることになる。

2位はニッポン放送で0.8%、3位はTOKYO FMとJ-WAVEで0.7%、5位は文化放送で0.6%、6位はNHK第一で0.5%となっており、今回はJ-WAVEがポイントアップし、健闘した感じだな。

最高聴取率ランキング(15分単位)も、今回は上位ランキングの番組に大きな改編がなかったこともあり、顔ぶれに変化はなく、トップ10にTBSラジオの番組が9番組ランクイン。

1位の「伊集院光とらじおと」は「ゆうゆうワイド」の後を受けて盤石。聴取率も他の番組を寄せ付けず、ダントツみたいだ。

それ以下も、2位の「安住紳一郎の日曜天国」、同率3位「森本毅郎 スタンバイ!」、「土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送」、同率5位で「有馬隼人とらじおと山瀬まみと」「ジェーン・スー生活は踊る」「荒川強啓デイ・キャッチ!」、同率8位で「たまむすび」「久米宏ラジオなんですけど」のTBSラジオが続く。
TBSラジオ以外の最高位は、同率8位のニッポン放送「垣花正 あなたとハッピー」という状況。

ひとつ面白いのは、これまで「有馬隼人とらじおと山瀬まみと」「ジェーン・スー生活は踊る」より上位にランクインしていた「たまむすび」が逆転されたこと。

とはいえ、同率が多いことでも分かるが、聴取率の有効桁数が二ケタしかなく、数値自体も、ほとんどが0.1%刻みで競っているから、ランキングの上下で一喜一憂しても、あまり意味はないのかもしれない。

今回は面白みがないランキングと言えるが、自分も、TBSラジオをメインに聴いていて、実際一番面白いと思うので、まあ妥当な結果だろうな。

2016年10月度首都圏ラジオ聴取率の調査結果 | ビデオリサーチ

こちらの調査元のサイトでは、全局のデータの一部が掲載されている。

意外なのは、調査期間中ラジオを一度でも聞いたという人が6割もいること。以前からこんなに多かったっけ?
正直、私の周りでは、ラジオを聞いている人は、ほとんどいないので、この実感はないな。

一方、全局個人聴取率、全局到達率、ラジオ接触者の全局聴取分数共に、8月の調査よりやや下がり気味なのが気になるところ。
これが本当に減っているのか、折り込み済の季節的変動なのかは、よく知らないが。

次回12月の調査は、10月スタートの番組に対する評価もはっきりするし、何より、次からradikoタイムフリーによる聴取も、集計に含まれるはずで、それがどの程度聴取率などに影響を与えたかもわかるだろう。
その意味で、結果が注目だろうな。

関連記事:
2016年8月度・首都圏の個人聴取率調査結果:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう(vol.1) [ 伊集院光 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2016/11/21時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.2 [ 伊集院光 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2016/11/21時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 4

関東のラジオ聴き

QRは今回も牙城を崩せませんでしたね。「ゆうゆうワイド打ち切り、後継者は伊集院光」をスクープした日刊スポーツが、今度は吉田照美さんのQRでのレギュラー番組が来年3月限りで消滅するとスクープしたそうです。てるてるワイド、やる気マンマン、ソコダイジナトコ、飛べサルバドールと38年に渡ってレギュラーを続けたとか。「みのもんたや照美に匹敵するようなタレント発掘のため」とQRの関係者が理由を説明しているようです。TBSはポスト悠里探しに成功して盤石な体制を作りましたが、QRはどうでしょうか。
by 関東のラジオ聴き (2016-11-22 22:22) 

naniwa48

関東のラジオ聴きさん、こんにちは。
吉田照美さん、勇退ですか。後は誰になるんでしょうね。人材を育てるったって、TBSでいうスーさんにあたるような芽のある人でもいるんでしょうか。
ゴールデンラジオがマンネリでどんどんつまらなくなっているのも不満。
特にオープニングトークのつまらなさは、厳しいな。
by naniwa48 (2016-11-23 01:02) 

関東のラジオ聴き

日刊スポーツ以外のスポーツ各紙が後追いの記事を出してきていますが、今の時点では「飛べサルバドール」の打ち切りだけが決まっていて、もうひとつのレギュラーである「親父熱愛」の存廃については言及していないようです。つまりは、照美さんのレギュラーがQRから完全に消えるわけでなく、平日の帯番組の出演が36年余りで終止符が打たれるとのことです。
ポスト照美候補というと、内部なら砂山圭太郎アナや吉田涙子記者、外部なら山田ルイ53世や「レコメン」のオテンキのりさんの名前が出てきそうな気が。A&Gの色がついた人材でもいいならば「ライムスター宇多丸の目の上のたんこぶ」で居続けた鷲崎健さんあたりなのかなと思います。
by 関東のラジオ聴き (2016-11-23 12:30) 

naniwa48

関東のラジオ聴きさん、こんにちは。
そうか、男爵だったら、あり得るし、本当に抜擢ですね。
でも、伊集院が朝をやり始めたことを考えれば、あり得る気もしますね。
by naniwa48 (2016-11-24 12:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました