So-net無料ブログ作成

2016年の流行語大賞は「神ってる」だった [イベント・企画]

スポンサードリンク




ky_singo-01.jpg

2016年の流行語大賞は「神ってる」 トップ10には「ポケモンGO」「聖地巡礼」「保育園落ちた日本死ね」など - ITmedia ニュース


以前、候補発表の際取り上げた2016年の「ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞は、「神ってる」に決まったそうだ。

トップ10に入ったのは、それ以外に、「聖地巡礼」「トランプ現象」「ゲス不倫」「マイナス金利」「盛り土」「保育園落ちた日本死ね」「ポケモンGO」「(僕の)アモーレ」「PPAP」だった。

さらに、選考委員特別賞として、候補発表時にはなかったと思われる、熊本地震で被害を受けた熊本城の支援を募る制度「復興城主」が選出された。

「神ってる」は、プロ野球・広島東洋カープ緒方孝市監督が、試合後の監督インタビューで、その試合で大活躍した鈴木誠也選手について言った言葉で、それが、流行したということで、大賞に選ばれたようだ。

まあ、確かに、話題を呼んだとは思うが、最も流行ったのは「PPAP」だったろうから、その点は不思議。

私は、「PPAP」は「ヒットコンテンツ」であって、「PPAP」自体を新語・流行語に挙げるのはおかしいとは思っているが、審査員がトップ10に「PPAP」を選んでいるのなら、一番流行ったのはこれなのだから、大賞はこれにあげるべきだろうと思うな。

それにこうした「神」の使い方って、別に、これ以前からあったしな。だから、新語でもない。流行語としても、これ以前から使われていたけどな、という気がする。

昨年の「トリプルスリー」もそうだったが、審査員の皆さん、よっぽど野球好きなんだろうな。

個人的には、野球関係では「神ってる」よりは、大谷昇平の「二刀流」の方が、しっくりくる。
新語ではないが、二つの分野で天才的な才能を発揮する人をメディアで紹介するときによく使われ、かなり流行った気がするんだけどな。
今回、流行語として、候補にさえ挙がらなかったのが不思議なぐらい。

なお、発表時に「『ゲス不倫』についてもゲスト出演を依頼したが断られた」という話が出ていたが、本当に、そんなのにも依頼するんだな。
断られず当人が出ていたら、大賞に選ばれた可能性はあったんだろうか(笑)

関連記事:
「ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート発表:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ
2015年の「新語・流行語大賞」候補語50語が発表:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

現代用語の基礎知識(2016) [ 自由国民社 ]
価格:3132円(税込、送料無料) (2016/12/2時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました