So-net無料ブログ作成

第156回芥川賞・直木賞発表! [文学・小説]

スポンサードリンク





『直木賞』に6度目ノミネートの恩田陸、『芥川賞』は山下澄人 - 書籍ニュース : CINRA.NET

第156回芥川賞・直木賞の候補作が、昨年12月20日に発表さていたが、1月19日、第156回芥川賞・直木賞の選考会が行われ、芥川賞が山下澄人「しんせかい」、直木賞は恩田陸の「蜜蜂と遠雷」に決定した。

第156回「芥川賞・直木賞」候補10作決まる 恩田陸氏・冲方丁氏ら直木賞ノミネート (オリコン) - Yahoo!ニュース

今回、芥川賞候補作となっていたのは、加藤秀行「キャピタル」(文學界12月号)、岸政彦「ビニール傘」(新潮9月号)、古川真人「縫わんばならん」(新潮11月号)、宮内悠介「カブールの園」(文學界10月号)、山下澄人「しんせかい」(新潮7月号)の5作。

一方、直木賞候補作となっていたのは、冲方丁「十二人の死にたい子どもたち」(文藝春秋)、恩田陸「蜜蜂と遠雷」(幻冬舎)、垣根涼介「室町無頼」(新潮社)、須賀しのぶ「また、桜の国で」(祥伝社)、森見登美彦「夜行」(小学館)の5作だった。

芥川賞候補については、正直、ほとんど誰も知らないが、直木賞候補は、冲方丁、恩田陸、森見登美彦など、すでに売れっ子の作家で今さら感もある人も散見される。

なので、特に直木賞が、一体誰が賞を取るのか、かなり注目していたが、結果として、芥川賞は、4度目のノミネートだった山下澄人さんの「しんせかい」が受賞。
直木賞は、6度目のノミネートだった恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」に決定!

残念ながら、どちらの作品もまだ読んでいないな。

ただ、恩田さんは、個人的にも好きな作品がたくさんあり、「何であの作品で受賞していないんだ」というイライラも募っていたので、ついに受賞したか!という嬉しい思いがある。

ラジカントロプス2.0 | AM1422kHz ラジオ日本

ちなみに、SF翻訳家・書評家の大森望、書評家の豊崎由美が、芥川賞、直木賞を徹底予想する、毎回恒例のラジオ番組「文学賞メッタ斬り!スペシャル」は、今回もラジオ日本で放送され、上記サイトからも聴ける。


「文学賞メッタ斬り!スペシャル(予想編)」は、2017年1月17日に既に放送されたが、時間の都合で放送ではカットされた部分もネットでは配信されているので、radikoタイムフリーで放送を聞くより、ネット配信分を聴く方がいいと思う。


【1月24日の放送後に有効になります】


受賞者決定を受けての、「文学賞メッタ斬り!スペシャル(結果編)」も、2017年1月24日に放送され、放送後にサイトにもアップロードされる予定なので、是非とも聞いてみましょう。
毎回、特別ゲストで、誰か受賞者が出演してくれることが多いので、それも楽しみだ。

ゴロウ・デラックス|TBSテレビ

また、受賞後の取材などが落ち着い頃、受賞者全員が、TBSの「ゴロウ・デラックス」に出演するのも恒例になっているので、こちらも見逃せない。
しかも、この番組、突然予定変更があるので、番組表でマメに次回内容を要チェック!
出演日時が分かったら、またお知らせします。

関連記事:
第155回直木賞、芥川賞が発表された:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

蜜蜂と遠雷【電子書籍】[ 恩田陸 ]
価格:1555円 (2017/1/22時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

しんせかい【電子書籍】[ 山下澄人 ]
価格:1382円 (2017/1/22時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました