So-net無料ブログ作成

TPP交渉の停滞で青空文庫はどうなるのか? [電子書籍]

スポンサードリンク




青空文庫の展望:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ

2016年は、谷崎潤一郎、江戸川乱歩、梅崎春生、高見順などが著作権保護期間が切れ、2017年1月には、冒険小説作家の山中峯太郎、大下宇陀児、エッセイストの亀井勝一郎などが著作権切れを迎えた。

新規公開作品

このため、彼らの作品も、徐々に青空文庫化されつつあるようだ。

ただ、著作権の保護期間が50年から70年に延長されるTPP素案がまとまり、2017年中に、各国の対応する法改正が完了すれば、最短、2018年からは、青空文庫の活動は中断せざるを得ない状況になるはずだった。

ところが、ご存知の通り、トランプ大統領がTPPからの離脱を表明し、残った国でTPPを発効させるかどうかさえ合意されてない状況が続いている。

「TPP関連法」が可決・成立

事実上、各国の法改正も止まってしまっており、TPP関連法の成立では日本は先行しているものの、この中に著作権法の改正は含まれておらず、現状のままでは著作権の保護期間は50年のまま続くことになる。
この状況だと、2018年どころか、2020年にもTPPが発効できるか難しく、最短でも2021年から発効するぐらいか。
あるいは、それまでに、突然、トランプ大統領が辞任し、米国がTPP再加入に方針転換し、一気に解決するか、全く先が見えない。

もし、著作権保護期間が50年のままであれば、2018年以降、著作権保護が切れる主な作家は次の通り。

2018年:山本周五郎、壺井栄、笠信太郎
2019年:子母澤寛、村岡花子
2020年:獅子文六、伊藤整、高野悦子
2021年:三島由紀夫、佐賀潜、西条八十
2022年:志賀直哉、深田久弥、内田百間、高橋和巳、大宅壮一、山下清、徳川夢声、金田一京助
2023年:川端康成、平林たい子、広瀬正
2024年:大佛次郎、椎名麟三、大伴昌司、北原武夫、サトウハチロー
2025年:山本有三、いわさきちひろ、花田清輝
2026年:梶山季之、香山滋、金子光晴、きだみのる、棟方志功
2027年:檀一雄、舟橋聖一、武者小路実篤、武田泰淳、城昌幸、福島正実

TPPが、もし、2021年4月に発効したとしたら、2018年の山本周五郎、壺井栄、笠信太郎など、2019年の子母澤寛、村岡花子など、2020年の獅子文六、伊藤整、高野悦子あたりの青空文庫入りはほぼ確実と見てよく、2021年頭で著作権保護が切れる三島由紀夫まではぎりぎり青空文庫入りする可能性がありそうで、そうなれば、2016年の谷崎潤一郎、江戸川乱歩以来、久々に青空文庫が脚光を浴びることになるだろう。

このTPPの遅れは、予定外ではあったが、死活問題であった青空文庫にとっては、とりあえずホッとしていることだろうな。

2022年以降も、志賀直哉、内田百間、高橋和巳、大宅壮一、川端康成、広瀬正、大佛次郎、椎名麟三、山本有三、いわさきちひろ、梶山季之、檀一雄、舟橋聖一、武者小路実篤、城昌幸、武田泰淳などなど、現在でも色あせない作家が続くため、青空文庫的には、このままTPPがポシャってくれるのがベストなんだろうが、果たしでどうなりますやら。

関連記事:
2016年で著作権切れを迎えた作家:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

告白 三島由紀夫未公開インタビュー [ 三島 由紀夫 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/9/2時点)




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。