So-net無料ブログ作成

ジェーン・スーの特別講演など近況をまとめて [人物]

スポンサードリンク




ジェーン・スー特別講演 ライフマネジメントについて語る | イベント | Book Bang -ブックバン-

11月28日(火)に、朝日新聞出版が発行する「AERA」が主催する働く女性を応援するプロジェクトの一環として、特別講演「ワーキングウーマンのための“新ライフマネジメント論”」が開催され、ジェーン・スーさんが特別講演を行う。
さらに、講演終了後には、登壇者と参加者の交流の場として、懇親会が開かれるというから、スーさんファンには注目だろう。

開催日時は、2017年11月28日(火)の19:00~21:30(18:30開場)。

会場は、コングレスクエア日本橋(東京メトロ日本橋駅徒歩0分)です。

ワーキングウーマンのための“新ライフマネジメント論”申込(2017年11月) 

入場無料だが、参加人数は、限定200人で応募者多数の場合抽選となるので、申し込みしたい方は上記サイトからどうぞ(応募締切11月9日(木)23:59)。
抽選の結果、当選者のみに11月11日(土)までにメールで連絡があるとのこと。

ただし、応募できるのは女性のみみたい。奥さんに知らせたところ、速攻で申し込んでいた。多分当たらないんだろうけどね。

ついでなので、スーさんのその後の活動に関しても、まとめてメモしておこう。

まず、本の宣伝以外、テレビは出ないと言っていたスーさんだが、

カズレーザーが街の不思議な張り紙を調査する新番組、本日深夜より - お笑いナタリー

「張り紙パイレーツ!」という、メイプル超合金のカズレーザーが、街中を歩きながら不思議な張り紙を探し出し、その張り紙にまつわる話を聞き出すテレビ朝日の番組に出演していた。
10月3日(火)深夜から始まったが、その第1回と第2回に、映像を見ながらコメントをする視聴人として、スーさんが出演していた(声のみの出演)。ただ、レギュラー出演かと思いきや、2回のみの出演だった。

深夜の実験的な番組ではあるが、スーさんの冷静で適切なツッコミはさすがだった。
顔出しナシなら、ご本人も、テレビでもこういう形なら出演しやすいのかもしれない。

ラジオ出演に関しては、

小林麻耶「支えてもらった」古巣TBSのラジオで涙 - 芸能 : 日刊スポーツ

「ジェーン・スー 生活は踊る」では、10月13日(金)に特別ゲストとして、小林麻耶が登場したのが、話題を呼んだ。
なぜ、「スペシャルウィークじゃないの?」と思ったが、小林麻耶が仕事を休むに至った根深い経緯を聞くうち、番組側として変なストレスを掛けさせたくない、という配慮だったのだろうと思い至った。

雑に作れるけど美味しい。「雑うまレシピ」が集まる1週間!

スペシャルウィークの「雑ウマ選手権」は、個人的には面白かったのだが、前回の「スーパー選手権」よりは、いまいちネットニュースでは話題に上りにくかったかな。
特設サイトも作られたので、興味ある方は作ってみてはいかがでしょう。

「35歳の私は堀井美香になろうとしていた」ジェーン・スーが過去の自分を語る!

また、スペシャルウィークは、10月20日の「たまむすび」ステキなレディまつり最終日に、スーさんがゲスト出演。
今まであまり発掘されてこなかった、学生時代などの若い頃の話題が面白かった。
ちなみに、当日、赤江さんも電話出演したが、こちらは、短い時間だったし、子育てが忙しいのか、ほとんど新しい話が出なくて残念。

TBSラジオ 「ラジフェス2017~見タイ!食べタイ!もらいタイ!」

ちなみに、11月3日(金)の「たまむすび」は、 「ラジフェス2017」で公開生放送があり、スーさんと堀井アナがゲスト出演する。
今年はラジフェスの抽選が外れたが、今のところ、見に行くつもりではいる。

TBS小倉弘子アナが第3子妊娠発表「43歳、私もビックリ、夫がもっとビックリ」 - 最新芸能ニュース一覧 - 楽天WOMAN

そして、直近のメデタい大ニュースとして、「生活は踊る」で水曜パートナーを務めるTBS小倉弘子アナが、第3子を妊娠しており、1月下旬に出産予定だということを、番組内で発表した。
番組は11月一杯で降板し、12月以降は長峰由紀アナが代わりを務めるそうだが、番組復帰の意欲も強いみたいなので、産後が順調であれば、早めの復帰もありそう。
43歳の高齢出産なので、まずは、安産をお祈りしたい。

一方、長峰アナは、一度パートナー代行を務めた(この事態への伏線だったのか!)ことがあり、最初から完全に馴染んでいたので、全く問題なし。
長峰さんのラジオだけの自虐キャラは面白いし、また、長峰さんのことだから、暗黙の期待に応えて「たまむすび」の笹川アナとはバチバチのクロストークを繰り広げてくれるに違いない。

音楽関係では、

あの頃、少女だった私へ。 | Magazine|madame FIGARO.jp(フィガロジャポン)

雑誌「フィガロジャポン」12月号で、「あの頃、少女だった私へ。」という特集があり、その中で、スーさんの少女時代のプレイリストと、それにまつわる思い出が掲載されているそうだ。




さらに、まだ読んでないので「フィガロジャポン」と関係しているのかどうかわからないが、定額音楽配信サービス「Spotify Japan」が、「人生を語る私のプレイリスト」と題して、スーさんのプレイリストを、YouTubeで公開しているな。

雑誌メディア関係では、

ジェーン・スー&高橋芳朗の紳士のためのラブコメ映画ガイド Vol.00 ──理想のラブコメとは?|映画(ムービー)|GQ JAPAN

新たに雑誌「GQ JAPAN」では、スーさんと高橋芳朗氏による雑誌連載がスタートしたようだ。
「ジェーン・スー&高橋芳朗の紳士のためのラブコメ映画ガイド」ということで、初回は「Vol.00 ──理想のラブコメとは?」となっており、ネットでも全文が読める。

相変わらず、スーさん、昼帯のラジオ番組に出演しながら、雑誌の連載を多数抱えて、それ以外にも、単発で講演やらテレビやら音楽やら映画やら、お仕事が多岐の分野に渡るし、忙しそうだな。
体に気をつけて、ほどほどに頑張って欲しいものだ。

関連記事:
「ジェーン・スー 相談は踊る」が文庫化に:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。