So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

TBSのドラマ「アンナチュラル」がやけに面白い [テレビ]

スポンサードリンク




mig.jpg

金曜ドラマ『アンナチュラル』|TBSテレビ

2018年1月12日からスタートし、毎週金曜の22:00~22:54に放送されているドラマ「アンナチュラル」が、やけに面白い。

アンナチュラル|民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

私はめったにテレビドラマは見ないのだが、第一話をある人が大絶賛しているのを聞きつけ、早速「TVer」で初回を見て、衝撃を受け、見終えてすぐに、第2話以降を予約録画した。
先週末の3連休でようやく最新の第5話まで追いつくことができたところだ。

石原さとみ主演のドラマ「アンナチュラル」の視聴率が2ケタ超え 他は全て1ケタに|ニフティニュース

残念ながら、このドラマは大好きなのに、全然リアルタイムには見られず、視聴率には貢献していない(笑)
それでも、視聴率は今シーズン1,2位を争う勢いで好調みたいだし、「TVer」の見逃し配信でも人気1位になっていたな。

ドラマの舞台は、設立して2年弱の不自然死究明研究所(Unnatural Death Investigation Laboratory)=通称UDIラボという架空の研究機関(公益財団法人)。

UDIラボとは、日本における不自然死(アンナチュラル・デス)の8割以上が解剖されないままという先進国の中で最低の水準という解剖率を状態を改善するために設立され、国の認可を受け全国初の死因究明に特化した調査を行い、警察や自治体から依頼された年間約400体の遺体を解剖調査しているという設定となっている。

そして、UDIラボに勤める法医解剖医の三澄ミコト(石原さとみ)を中心に、ベテラン法医解剖医の中堂系(井浦新)、三澄班臨床検査技師の東海林夕子(市川実日子)、三澄班記録員の久部六郎(窪田正孝)、所長の神倉保夫(松重豊)らが協力し合いつつ、毎回さまざまな「死」を扱いながら、その裏側にある謎や事件を解明していくドラマとなっている。

脚本は、「空飛ぶ広報室」「重版出来!」「逃げるは恥だが役に立つ」など漫画・小説を原作とする実写映像化作品の脚本を多く手がけヒットさせた野木亜紀子。しかも、今回は初のオリジナル脚本だ。

たしかに、これは面白くならない訳がないわ。

ドラマは、基本、毎回独立しており、一つの事件の発端から解決まで描かれるが、毎回全く違った切り口で事件を扱い、その社会的テーマを浮き上がらせる手法を取る。

しかも、謎解きも含めお話の組み立てが、情緒的ではなく、極めて論理的なので、特に理系の人間は大好きなドラマのはずだ。

素晴らしい脚本を活かす演出も、緊迫感がある画面と、笑いで抜く場面をうまく使い分けられ、テンポがいいのに分かりやすくて、今のところ文句なし。
また、最終回に繋がる主人公たちの謎も設定されており、伏線も多いから、当然ながら最初から順を追って観た方がいいのだが、途中から見ても、ある程度それが分かるように演出されており、そこも非常に親切。

クライマックスでさりなげく掛かる主題歌「Lemon」(米津玄師)も、切なくてぴったり。

これまでの回を簡単におさらいしておく。

・第1話「名前のない毒」:最初の不審死から、何度もどんでん返しがあり、予想外の結論に至る。初回から詰め込み過ぎ!

・第2話「死にたがりの手紙」:ミコトの警戒感のなさはどうかと思うが、殺されかけるスリルと並行して、彼女の過去が明かされる。

・第3話「予定外の証人」:ドラマ「99.9」っぽい逆転裁判劇だが、実は、メインテーマはジェンダー差別問題だった。

・第4話「誰がために働く」:交通事故死の原因究明から、近年の働き方や家族愛の問題が浮かび上がる暖かい回だった。

・第5話「死の報復」:ドラマの暗黙のルールを打ち破るラストシーンが衝撃的。中堂の謎も明らかになり、終わりに向かって走り始めるターニングポイントになる回だった。

脚本がしっかりした謎解きドラマというと、どうしても「相棒」を思い浮かべてしまうが、「相棒」が、毎回違う複数の脚本家が担当しているのに対し、「アンナチュラル」は、野木亜紀子がたった一人で、毎回、これだけバラエティ豊かで、しかも緻密なオリジナル脚本を書き上げているのだ。
驚異と言わざるを得ない。

第6話「友達じゃない」は、2月16日(金)放送だが、次回は、東海林に殺人の疑いが掛けられるらしい。
予告編では、「酔いつぶれて朝起きたら、昨夜合コンで一緒にいた男が隣で死んでいた。」という極めてベタなシーンが描かれるが、野木亜紀子のことだから、おそらくその後の展開は、ベタから程遠いものになるに違いない。

アンナチュラル2/9放送・第5話ダイジェスト&波乱の第6話ナビゲート

興味を持った方は、こちらのダイジェストを見ましょう。
これまでの謎についてもまとめて把握できるようになっているので、次回を見る前に見ておくと参考になると思う。

米津玄師、ドラマ『アンナチュラル』主題歌「Lemon」先行フル配信決定! [T-SITE]

また、米津玄師の主題歌「Lemon」が、2月12日(月)より、Amazon他の音楽配信サイトで、先行配信されているそうだ。
こちらも、気に入った方は、どうぞご購入を。

関連記事:
「わたプロ」ドラマがネットでも見られる:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Lemon (通常盤) [ 米津玄師 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2018/2/13時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。