So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

日本のプロ野球中継は、今シーズンから「DAZN」で配信 [ネット配信]

スポンサードリンク




news_237452_1.jpg

ソフトバンクの「スポナビライブ」が5月で終了 「DAZN」にコンテンツを統合 - ITmedia Mobile

先日、ソフトバンクが、スポーツの動画配信サービス「スポナビライブ」を終了することが発表され、その代わり、スポナビライブの利用者は、NTTドコモとの結びつきが強かったスポーツ動画配信「DAZN」に、特別割引プランとして、通常月額1,750円(税別、以下同)のところ、ソフトバンクユーザー向けの「スポナビライブ」の料金と同じ、月額980円で利用できることが併せて発表された。

月額980円というと、NTTドコモが、ドコモ契約者に対して利用できる「DAZN for docomo」とも同条件であり、それだけ見ると、料金的に文句をを言う人はいないだろう。

しかし、「スポナビライブ」の終了には、一つ重大な問題があった。
現在、スポナビライブは、ネット動画配信では唯一、読売ジャイアンツと広島を除く10球団の主催試合を配信しており、日本のプロ野球をネットで見るなら、最も多くの試合を見ることができる配信サービスだったのだ。
特に、パリーグファンにとっては、広島と巨人以外の交流戦以外の公式試合は全部見ることができる。

一方、「DAZN」は、日本のプロ野球はDeNAと広島の主催試合しか見られなかったので、これでは、プロ野球中継を目的で加入した「スポナビライブ」利用者は、値段を下げるから「DAZN」に移れと言われても、納得できる筈もないだろう。

プロ野球 キャンプ中継 スカパー!なら100試合以上放送!!|スカパー!プロ野球中継|ココロ動く、未来へ。スカパー!

もちろん、プロ野球が見られるサービスは、他にない訳ではなく、デジタル衛星放送の「スカパー」のプロ野球セットを契約すれば、セパ両リーグの全試合を見ることができるは、料金は、「スポナビライブ」の4倍もするので、手軽とは言い難い。

いったいどうするのだろうかと思っていたら、ようやくホッとするニュースが。

スポーツ、スマホ視聴に DAZNがプロ野球やバスケ配信  :日本経済新聞

「スポナビライブ」が5月に終了へ 主要内容のほとんどをDAZNに移管へ - ライブドアニュース

「DAZN」では、2018年シーズンから、日本のプロ野球11球団の全試合の動画を配信することを発表したのだ。

巨人戦の中継を視聴する方法|テレビもネットも完全網羅!

唯一、主催試合が配信されない球団とは、大方の予想通り、読売ジャイアンツ(巨人)だ。
巨人の主催試合をネットで全部見たいなら、一番安いサービスで、月額933円(税抜)の「Hulu」を契約する必要がある。
こういうことが、巨人のファンをますます減らす原因になっているということを、球団はもっと認識すべきだと思うな。

「DAZN」は、これ以外にも、「スポナビライブ」で配信してきた日本の男子プロバスケットボール「Bリーグ」の配信を始めたり、スペインのサッカーリーグ「リーガ・エスパニョーラ」の全試合配信も始めるというから、まあ良心的だ。

これなら、「スポナビライブ」利用者も、安心して「DAZN」に移行できるだろう。

面白いのは、「DAZN for Docomo」にNTTドコモ契約者が加入すれば、月額980円でDAZNが利用できるが、ドコモの回線を解約すると月額1,750円に戻るのに対し、今回のソフトバンクの移行措置は、そのような記載がないあくまで「スポナビライブ」からの移行救済措置であることだ。結果、本家のドコモよりお得だと言えるだろう。

ただ、これにて日本のスポーツのネット配信サービスは「DAZN」の一強体制となってしまったのは、長期的に見て弊害もあるだろう。しかし、現時点で見れば、いろんなコンテンツが一つのサービスに入れば見られるのは、悪いことではない。

夫婦共に阪神ファンの我が家でも、「DAZN」に入ってもいいかも、と傾きつつある。
ただ、巨人戦だけのために、別途「Hulu」に入らないといけないのは何だか腹が立つので、ほかに手段はないかと調べたら、あった。

巨人戦の中継を視聴する方法|テレビもネットも完全網羅!

無料で見られる「BS日テレ」で、基本、巨人の主催試合は放送されるみたいだ。地上波の「日本テレビ」でも、阪神巨人戦は放送される可能性は高めなので、そちらも利用できる。
ただし、放送時間は決まっているので、試合最後まで見たければ、スカパープレミアムの「日テレG+」を契約する必要がある(月額税別972円)。

ともあれ、今でもradiko.jpのエリアフリーで、ABCラジオの阪神中継を聞いている我が家なので、巨人戦は「BS日テレ」で見て、中継が終わったらradiko.jpで続きを聴けばいいだろう。

「BS日テレ」は、BSだから録画もできるし、後から見るのにも支障がない。

もちろん、「DAZN」に加入すれば、サッカーも、Jリーグに加え、リーガに、プレミア、ブンデスリーガも見られる。私的には、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、Jリーグが見られるのは、それぞれにファンのチームがあるので嬉しい。

見る端末も、iOS/Androidのスマホ/タブレット、パソコンのブラウザなどでも見られるが、どうせスポーツを見るなら、大画面で見たい。

これも全く問題がなく、我が家にある機器では、リビングのテレビで、Amazon Fire TV Stick、AndroidTVのピクセラSmart Box、パナソニックのBlu-ray DIGAのいずれでも、「DAZN」が見られるし、寝室にあるLGのテレビのネット機能でも、PS3/PS4でも見られる。

画質も、720Pが多いみたいだが、一応HD画質らしい。

だったら、「DAZN」への加入は悪くない。

唯一不満は、我が家は家族全員が、auスマホユーザーなので、ドコモやソフトバンクユーザーのような「DAZN」の特別割引がないため、月額1,750円(税抜)となってしまうことだ。

auは、この点、早く何とかして欲しい。今やスポーツコンテンツは「DAZN」にしかないのだから、「DAZN」が割高になってしまうなら、auから逃げる客が増えても仕方ないと思うぞ。

関連記事:
Jリーグ難民のスカパー!→DAZN移動現象:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ
阪神戦を全試合見たいのだが・・・:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

関東のラジオ聴き

どうもです。
確か、huluの日本法人は日テレの子会社になっているはず(少なくともかなりの資本を日テレが投入しているようですが)。なので巨人戦のホームゲーム配信のDAZNへの乗り入れは巨人というよりも日テレが待ったをかけたのかもしれません。でも、パリーグTVがあった頃、巨人(というか日テレ)は交流戦で配信相互乗り入れに応じていたはずですが。
ところで、DAZNのこの動き、テレ朝が資本を投じているabema TVはどう思っているのでしょうか? 清宮選手が出場するから高校野球の都大会を中継するような局だから、「求められているのはプロ野球じゃなくて世間が本当に興味を持っているものだ」と考えて、プロ野球に興味を持っていないかもしれませんが。
by 関東のラジオ聴き (2018-02-25 10:40) 

naniwa48

関東のラジオ聴きさん、こんにちは。
Huluが日テレ資本となったのは知っています。
ただ、配信のライセンシーは球団ですので、日テレがDAZNを阻止するというのは不可能です。巨人球団が、日テレに忖度しているとしか言えないでしょうね。
abema TVは、基本無料配信ですからね。広告のみで無料で流せる番組しか興味はないでしょう。なので、DAZNとバッティングすることはないのでは。
高校野球の都大会はタダで流せて、清宮選手が出るならアクセスが取れると考えたからであって、それ以上でもそれ以下でもないと思います。
by naniwa48 (2018-02-25 22:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。