So-net無料ブログ作成

TBSドラマ「アンナチュラル」最終回を見終えて [ドラマ]

スポンサードリンク




mig.jpg

金曜ドラマ『アンナチュラル』|TBSテレビ

TBSドラマ「アンナチュラル」の第9話「敵の姿 夕希子殺しの犯人」、第10話(最終回)「旅の終わり」を見終えたが、いやー、面白かった。

視聴率だけ見ると、10%そこそこで大ヒットとは言えないらしいのだが、これだけ面白いドラマなのに・・・と思っていたら、

石原さとみ『アンナチュラル』の真価!~新垣結衣『逃げ恥』・松本潤『99.9』との比較から~(鈴木祐司) - 個人 - Yahoo!ニュース

こちらの記事によれば、視聴率では測れない熱量の高い人気では、今シーズンでは断トツだったようで、個人的な感想はこちらに近い。

伊集院光が『アンナチュラル』を称賛「ずっと見ちゃった」 | マイナビニュース

めったにテレビドラマを見ない伊集院光も、大好きで見ていたみたいだし、ナイツの塙も、ラジオ番組で大絶賛していたな。

最後の2回も凄まじい展開だった。

てっきり誰が連続殺人犯かという、謎を最後まで引っ張る本格的ミステリー的な展開を想像していたら、第9回で、あっさり高瀬が連続殺人犯の犯人と分かる展開自体から想定外だし、高瀬が血まみれで自ら警察に出頭するシーンは衝撃的。

初回からそうだったが、この冒頭ならこういうストーリーだろうと想像した展開をことごとく裏切るのが、野木脚本の真骨頂と言えそうだ。
しかも、単にスカすだけでなく、違った視点で、もっと重くてデカいテーマをドーンと突き付けてくるのだから、ホント降参。

高瀬の連続殺人も、アガサ・クリスティの「ABC殺人事件」の本歌取りと思いきや、敢えてスルーして、最終回メインで描かれるポイントは全く違うところにあるのだから、頭がクラクラする。

そして、これまでも話題になっていた現実とのシンクロは、最後まで続いた。

まず、鑑定書を書き換えろと、補助金を餌に圧力をかける烏田検事に、神倉所長が「それはそっちの仕事でしょう! うちはうちの仕事をきっちりやってる! 責任転嫁しないで頂きたい!」とタンカを切るシーンがかっこよかったが、妙に、財務省の公文書書き換え問題を見通していたかのような発言となっていたかと思えば、

東京・多摩の女性殺害:元交際相手か 男出頭 刃物持参「自分が切りつけた」 - 毎日新聞

最終回放送翌日には、女性の首を刃物で切り付け殺害した男が、血のついたコートを着たまま、警察署に出頭するという悪夢を予言するようなシーンまであった。

なんだろうね、この不思議。

そして、初回放送から見直してみて、ちょっと驚くのが、いくつもの巧みな伏線の張り方。

最終回で、東海林が夕希子の遺体がまだ存在する可能性に気づくシーンでつぶやく「ウォーキングできないデッドの国かぁ…」というセリフ、どこで聞いたんだっけと、初回を見直すと、日本での死体解剖の役割について解説するセリフの中で、さりげなく「米国ではまだ土葬が主流だからいいよね」というセリフで使われいたのであった。
それが最終回の一番肝心のところで使われているという憎い構成には、唸る外ない。

また、神倉所長の「責任転嫁しないで頂きたい!」は、第3話で、烏田検事が、法廷でミコトに言った「責任転嫁は女の特徴」への趣旨返しで、これも見事。

野木脚本には、同じセリフを全く違う場面で使うことでハッとさせる展開、というのが随所にあって、この人、どんな頭の構造をしているのだろうと思ってしまう。

もちろん、高瀬が、数々の殺人で法医学の網を潜り抜けてきた医療的知識を一体どうやって知り、殺人に使用した薬品などをどうやって手に入れたのかとか、これまで殺された人の足取りで、一度も高瀬不動産が疑惑に上ることはなかったのかとか、さすがに中堂の行為は、宍戸から訴えられたら無罪放免とはならないだろう、とかいった疑問もあるのだが、そこは、スピードある演出で吹き飛ばされてしまった感じだ。

エンディングは、主要登場人物は元のさやに戻り、六郎の力強い魂の宣言で締め、今後も物語が続く下地は完成。

不自然な綴りは、ただの間違い?何かのメッセージ?「アンナチュラル」最後の英文(境治) - 個人 - Yahoo!ニュース

最終回の最後に、「Their journy will continue.」というメッセージがあり、続編や映画版があることが予告されるが、なぜか「journey」の「e」がなく、これが単純ミスなのか、何かの意図があるのかがネットでは話題になっているようだ。
まあ、まもなく出るというDVDで訂正されていたら、ケアレスミスなんでしょうな。

過不足のない見事な最終回だったと思う。

そして、もう一つ「アンナチュラル」を語る上で、あんまり話題になっていないが、ドラマ内で流れる音楽の素晴らしさは、もっと評価されていい。

米津玄師が歌い大ヒット中の主題歌「Lemon」のことではない。それ以外に流れるいくつものインストルメンタルの曲についてだ。


得田真裕「TBS系 金曜ドラマ「アンナチュラル」オリジナル・サウンドトラック」をApple Musicで

それらの曲は、オリジナルサウンドトラックとしてCDにもなっているが、主題歌ほどは話題になっていないが残念。

得田真裕 - Wikipedia

曲を作ったのは、得田真裕というミュージシャンで、これまで意識したことはなかったが、2013年以降、凄まじい数の映画やドラマ音楽を作っているようで、今後も注目だな。

私も、早速Amazonで音源を購入し聴いているが、曲によっては、パブロフの犬のように、ドラマ内のシーンが思い浮かんでしまうほど、強く刻み付けられてしまっていることが分かる。

一点だけ残念なのは、このサウンドトラックには、主題歌の「Lemon」は入っていないこと。
別途買えばいいのだが。

関連記事:
TBSドラマ「アンナチュラル」の最終回に向けて:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【先着特典】アンナチュラル Blu-ray BOX(B6クリアファイル付き)【B...
価格:20520円(税込、送料無料) (2018/3/18時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。