So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

高畑勲監督が亡くなった [人物]

スポンサードリンク





高畑勲が82歳で死去、鈴木敏夫「やりたい事がいっぱいある人だった」 - 映画ナタリー

数々の名作アニメ映画を手掛けてきた高畑勲さんが、4月5日に東京都内の病院にて肺がんのためなくなった。
82歳だったそうだが、ヘビースモーカーだっただけに、肺がんというのは頷けるものもある。

通夜および葬儀は近親者のみにて行うが、スタジオジブリの鈴木敏夫氏は、

やりたい事がいっぱいある人だったので、さぞかし無念だと思います。宮崎駿とも相談し、ジブリとして盛大なお別れの会をとり行い、見送ることにしました

とコメントを寄せており、5月15日に多くの方が参加できる「お別れの会」を実施予定するそうだ。

最近、鈴木氏から、宮崎駿の情報がいろいろ漏れ聞こえてきたのに、引退は表明していない高畑勲については、次の作品について全く何も語られないのは、気にはなっていた。
ひょっとしたら、かなり前から高畑氏の病については分かっていたのかもしれないな。

高畑氏は、三重県伊勢市に生まれ、東京大学仏文学科の卒業後、東映動画(現:東映アニメーション)に入社し、演出助手などを経て「太陽の王子 ホルスの大冒険」で監督デビューした。

東映動画退社後は、「ルパン三世」「パンダコパンダ」「アルプスの少女ハイジ」「母をたずねて三千里」「赤毛のアン」「じゃりン子チエ」「セロ弾きのゴーシュ」といった大ヒットアニメ作品を生み出し、その中で、宮崎駿も育てられた。

1985年には、鈴木敏夫氏、宮崎駿氏と共にスタジオジブリを設立し、「火垂るの墓」「おもひでぽろぽろ」「平成狸合戦ぽんぽこ」「ホーホケキョ・となりの山田くん」を発表し、2013年には、遺作となる「かぐや姫の物語」を発表した。

私自身は、当時は高畑作品とは知らなかったが、「じゃりン子チエ」が大好きだったし、もちろん「火垂るの墓」には泣かされた。
老境にも関わらず新しい試みに挑戦した「かぐや姫の物語」には圧倒された。

決して、一般受けする映画を作る人ではなかったが、アニメ界において数々の新しい挑戦を続けた孤高の巨人だったことは間違いない。

謹んでご冥福をお祈りしたい。

高畑勲さん逝去、世界中のアニメファンから哀悼の声…海外の反応

『火垂るの墓』『平成狸合戦ぽんぽこ』などを監督した高畑勲氏が82歳で死去【海外の反応】 : ふろぺじ! 海外の反応

今の時代を感じさせるのは、すぐさま世界中から哀悼の声が上がっていること。

海外だと、やはり「火垂るの墓」が強烈なインパクトを残しているのと、「アルプスの少女ハイジ」「母をたずねて三千里」を、高畑氏の作品とは知らずにずっと見ていたというファンが多いのが印象的だな。


高畑勲監督追悼「火垂るの墓」金ローで放送 急遽ラインナップ変更へ | cinemacafe.net

なお、「金曜ロードSHOW!」では放送作品ラインナップを急遽変更し、4月13日(金)に高畑監督の代表作「火垂るの墓」を放送するそうだ。

関連記事:
漫画家「水木しげる」の訃報:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】高畑勲監督作品集 【Blu-ray】
価格:49818円(税込、送料無料) (2018/4/7時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

君が戦争を欲しないならば (岩波ブックレット) [ 高畑勲 ]
価格:561円(税込、送料無料) (2018/4/7時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。