So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2018年6月度の首都圏ラジオ聴取率調査の結果発表! [ラジオ]

スポンサードリンク




2018年6月度首都圏ラジオ聴取率の調査結果 | ビデオリサーチ

2018年6月11日(月)~6月17日(日)に実施された首都圏ラジオ聴取率調査の結果が、ビデオリサーチ社から発表された。

全体的に見ると、ラジオ全体の聴取率とも言えるSIU(Set In Use)は5.2%で、前回の4月調査と変わらず、ラジオを聴いている人は増えてはないない。
しかし、ビデオリサーチ社から公表されている細かい内訳を見ると、35-49歳の年齢層が0.2%も減っている一方、12-19歳、および、20-34歳の年齢層は逆に0.1%増えており、若い年齢層でリスナーが増えているというのは、ラジオ業界にとっては微かな希望かも知れない。

caf189df27ed99b4d2e8ad03c70647b6-404x400.jpg

おかげさまで17年間個人聴取率No.1に!

これを受けて、TBSラジオが、早速ニュースリリースを発表した。

まずは、2001年8月から102期連続で、17年間 個人聴取率№.1を達成したとのこと。
しかも、週平均に加え、平日、土曜、日曜の各平均も、TBSラジオが1位になり、局別の平均聴取率でも、TBSラジオが0.9%でトップで、2月度では並ばれた2位のJ-WAVE(0.7%)や、3位のニッポン放送(0.6%)を、再び突き放す形となった。

6月度の聴取率調査というのは、4月の番組改編の結果を見る重要な調査と言われており、その意味では、TBSラジオの4月の番組改編(ナイター中継廃止、赤江珠緒復帰など)は、成功だったという結論になるのだろう。

それを裏付けるように、最高聴取率ランキング(15分単位)トップ10でも、TBSラジオは9番組がランクインしたことを発表している。

最高聴取率ランキング(15分単位)
順位 放送局 番 組
1位 TBSラジオ 安住紳一郎の日曜天国
2位 TBSラジオ 森本毅郎・スタンバイ!
TBSラジオ 伊集院光とらじおと
TBSラジオ 赤江珠緒 たまむすび
ニッポン放送 三宅裕司 サンデーヒットパラダイス
6位 TBSラジオ 土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送
7位 TBSラジオ ジェーン・スー 生活は踊る
J-WAVE ~JK RADIO~ TOKYO UNITED
9位 TBSラジオ 荒川強啓 デイ・キャッチ!
TBSラジオ 生島ヒロシのおはよう一直線
TBSラジオ 爆笑問題の日曜サンデー
ニッポン放送 イルカのミュージックハーモニー
ニッポン放送 薬師丸ひろ子 ハート・デリバリー
J-WAVE J-WAVE TOKYO MORNING RADIO
J-WAVE STEP ONE


ランキングで、気になる点としては、放送開始時にはダントツで聴取率トップだった「伊集院光とらじおと」が、「安住紳一郎の日曜天国」に追い抜かれて以降、2位の地位に落ち着き始めていること。

また、「赤江珠緒 たまむすび」が4月度に比べてランクアップしたのに対し、裏番組の文化放送「大竹まこと ゴールデンラジオ」がランク外となった。大竹まことも間もなく70歳だし、健康面の心配も出てきたので、まだ好調なうちに文化放送も後継者を考えないとマズいかもね。

J-WAVE(81.3FM)6月度聴取率調査で「20代男女」「30代女性」「M2」「F2」「M2+F2」など主要ターゲット層で首位を獲得! - ZDNet Japan

一方、J-WAVEからの発表では、「12~59歳男女」において引き続きトップレーティングを獲得とのことで、言外に、60歳以上のお年寄りの聴取率でTBSラジオに負けているだけだよ、と言いたいみたい。

「20代男女」、「30代女性」、「M2(男性35~49歳)」、「F2(女性35~49歳)」、「M2+F2(男女35~49歳)」といったジャンルで首位を獲得し、主要ターゲット層を中心に強く支持されているほか、「10代男女」、「10代男性」、「40代男女」、「40代男性」、「40代女性」、「50代女性」、「高校生」、「大学生」、「女性給料(職業)」など、幅広いジャンルでトップレーティングを獲得しているそうだ。ただし、「同率首位を含む」とあるので、TBSラジオも首位であるジャンルも含まれているかもしれないが、それは分からない表現となっている。

あと、公表データではわからない気になる点としては、首都圏全体としてリスナーが増えたという、「12-19歳、および、20-34歳の年齢層は、一体どの番組を聞き始めたのか?」だな。

アニメ&声優なのか、アイドルなのか、それとも、アトロクなのか。
どこが伸びているかが、今後の各局の番組編成に大きな影響を与えるのは間違いないだろうな。

関連記事:
2018年4月度首都圏ラジオ聴取率の調査結果が発表に:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

関東のラジオ聴き

どうもです。
今年はどういうわけかスペシャルウィークが例年より早まったり遅れたりして実施期間の間隔がかなり変則的になっている気がします。2月は平昌オリンピックの影響で例年より遅くなり、6月はFIFAワールドカップロシア大会の影響で例年より早くなったように思います。
そんな中、8月のスペシャルウィークも例年より1週間ほど早く7月30日からになるとか。2月と6月のようにこういう影響があったからかなという理由が見当たらないのですが・・・。
by 関東のラジオ聴き (2018-07-27 19:00) 

naniwa48

関東のラジオ聴きさん、こんにちは。
私も、8月はいやに早いなぁ、とびっくりしました。
きっと何か理由はあるんでしょうね。

by naniwa48 (2018-07-28 00:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。