So-net無料ブログ作成

庵野秀明監督の次回作は? [映画]

スポンサードリンク




ある意味、宮崎駿監督の直系の弟子である庵野秀明監督は、2017年には、実写映画「シン・ゴジラ」が大ヒットし、次は何を作るのか、注目されているので、現在の状況を調べてみた。

「この世界の片隅に」のんが片渕須直のW受賞祝福に駆け付ける、キネ旬表彰式 - 映画ナタリー

2017年2月9日、「2016年 第90回キネマ旬報ベスト・テン」で、「シン・ゴジラ」が日本映画脚本賞を受賞したが、庵野監督が欠席し、代理としてエグゼクティブプロデューサー山内章弘氏が登場したのだが、そこで庵野監督からのメッセージとして、「監督はすでに次回作の制作に入られています」と近況を伝えたというニュースが伝えられた。

『シン・ゴジラ』続編は「誤解」 庵野秀明の会社が説明 - シネマトゥデイ

2017年3月22日~23日に、Bunkamuraオーチャードホールにて開催された交響楽コンサート「シン・ゴジラ対エヴァンゲリオン交響楽」で、スクリーンに「『ゴジラ』シリーズの次回作及び『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』にご期待ください」というメッセージが表示されたことで、ツイッターなどで、庵野監督で「シン・ゴジラ」の続編制作決定という噂が流れたらしいのだが、それは誤報とのこと。

その後、しばらく新しい情報がなかったのだが、最近、ようやく庵野監督の新作が2020年に公開されることが発表された。
東宝、東映、カラーの3社が共同で映画配給業務を行うという。

063457cd.jpg

庵野秀明、『シンゴジラ』で軌道に乗りエヴァ新作が動き出した!凄腕監督の歴史を紐解く | ciatr[シアター]

エヴァンゲリオン最新作も五輪イヤー20年に公開!庵野秀明氏が総監督/芸能/デイリースポーツ online

公開されるのは、人気アニメシリーズ映画の最新作「シン・エヴァンゲリオン劇場版」で、庵野秀明氏が引き続き総監督を務める。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズは、2007年に公開された「エヴァンゲリヲン新劇場版:序」を皮切りに、2009年に「-破」、2012年に「-Q」が公開されたたが、今度が、ようやく完結編となるそうだ。


また、YouTubeでトレーラーも公開されたし、7月20日から8月31日まで、映画館で予告編も上映するそうなので、映画館に行く方は、注目だろうな。

次回 シン・エヴァンゲリオン劇場版

公式サイトはこちら。
今のところ、ほとんど何も情報が掲載されていないが、今後、随時内容は充実していくと思われるので、たまにチェックした方がよさそうだ。

関連記事:
二つの「シン」映画が大ヒット:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

劇場版 新世紀エヴァンゲリオン DTS COLLECTORE'S Edition...
価格:7211円(税込、送料無料) (2018/7/28時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。