So-net無料ブログ作成

サンド・富澤たけしがコメディー映画の監督に挑戦 [映画]

スポンサードリンク




normal.jpg

サンドウィッチマン、タモリ抜き1位 華丸・大吉2位|エンタメ!|NIKKEI STYLE

今やナンバーワンのお笑いコンビ「サンドウィッチマン」で、ネタ作りを一手に担当しているのが、富澤たけしであることは、よく知られている。
相方の伊達みきおも、たとえお笑いで売れなくても、富澤は、独りで放送作家やお笑いの原作者としてやっていける人間だと思っていたことを、インタビューでも答えている。

栗山千明が独眼竜ヒロインに!サンド富澤がドラマ脚本初制作 - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)

Sapporo International Short Film Festival & Market | SAPPORO Short Fest | 札幌国際短編映画祭

その富澤が、最初にドラマ脚本を手掛けたのが、2015年7月29日に、NHK BSプレミアムで放送されたドラマ「独眼竜●(=ハート)花嫁道中」。
主演は渡辺大で、藤次郎(渡辺)が、宮城の独竜町(架空の町)の町おこしのため、伊達政宗の正妻、愛姫の花嫁行列の再現を計画。男だけで花嫁行列するコメディーだったそうで、栗山千明は藤次郎が思いを寄せる幼なじみ・美貴役で出演したそうだ。
残念ながら、私自身はこのドラマを見逃してしまったが、脚本だけでなく、サンドの二人も出演していたようだ。

コメディとはいえ、きちんとしたドラマの脚本も書けるという実績が作れたこともあり、その後も、本人もやる気があったのだろう。

サンドウィッチマンがコントを映画化、意気込み - お笑い : 日刊スポーツ

2018年3月28日に、レギュラーの北海道ローカル番組「熱烈!ホットサンド!」(STV)の放送200回を記念し、富澤たけし監督で、自分のコントをベースにしたコメディー短編映画を製作することを発表した。

製作するのは約15~20分の短編映画2本で、コント「聞き込み」と「花嫁の手紙」をベースに、コメディー風だが、感動の要素も盛り込んだ短編映画になるという。

出演は伊達みきおや、女優の福田沙紀が決まっているほか、「熱烈!ホットサンド!」の番組内でもオーディションを実施して決めていた。
撮影は、3月時点で、「今夏に北海道で予定している」とのことだったが、ロケ撮影は、既に6~7月頃、北海道で行ない、ほぼ完了しているようだ。
先週末は24時間テレビに出ていて、8月31日(金)からは全国ライブツアーも始まるので、既に、映画は撮り終えていないとおかしいだろうしね。

富澤のネタが大好きなので、是非見たいとは思いつつ、コントと映画はまた別だから、という不安もなくはない。ただ、既にドラマ脚本の実績もあるので、コメディーであれば本人も自信があるのだろう。

ついに映画クランクイン! | 熱烈!スタッフNOTE | 熱烈!ホットサンド! | テレビ | STV

なお、映画の製作決定、オーディション、撮影、映画の宣伝展開(グッズ製作)などの模様は、これまで「熱烈!ホットサンド!」で随時放送されており、多少、放送は遅れるが、東京でもTOKYO MX(毎週土曜の14:30~15:00)で見ることができた。
私も、時間がなくて見切れていないのだが、全部録画はしてあるので、まとめて見てみようと思う。
また、「Hulu」でも全話オンデマンドで見ることができるそうなので、興味ある方はどうぞ。

完成した作品は、STVホールでの上映会イベントや、7月に岩見沢で開催されたSTVイベントで特別上映されたようですが、最終的には、今年10月に開催される札幌国際短編映画祭での特別上映が決定しているそうだ。
国際映画祭なので、一応、世界に向けて、字幕付きで上映されることになるはず。

富澤本人は、「『たけし映画』なので間違って北野武さんが作ったと思われて売れればいいな」と最後までふざけていたようだが、私個人としては、世界で、富澤の笑いのセンスがどう評価されるのかが、少し楽しみだな。

関連記事:
サンドウィッチマンを起用したパイロット番組の多さ:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。