So-net無料ブログ作成

「新4K8K衛星放送」の無料放送の放送内容は? [放送メディア]

スポンサードリンク




logo-880x579.jpg

実は身近なBS 4K。開始まで半年「新4K8K衛星放送」の注意点 - AV Watch

12月1日からスタートする「新4K8K衛星放送」だが、そのうち、BS右旋と呼ばれる、従来のBSデジタルチャンネルと同じ伝送方式で流れるチャンネルは、新4K8K衛星放送チューナー(約3万円~)、または、新4K8K衛星放送チューナー内蔵テレビを購入しさえすれば、BSアンテナや配線ケーブル、分配器、ブースターなどは、今のまま変えずに受信することができる。

具体的には、BS朝日、BSテレ東4K、NHK SHV 4K、BS-TBS 4K、BSフジ、BS日テレの6チャンネルがそれに該当するのだが、じゃあ、それらのチャンネルがどのような番組を流すのか、というのは、ほとんど世間に知られていない状況だ。

そこで、各局で、公開されている情報を調べてみた。

shv01_s.png

NHKスーパーハイビジョン|NHK

NHKが本気で挑む「4K/8K」勝負番組の衝撃 | メディア業界 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

まずはNHKだ。受信料を取るから無料とは言えないが、4Kで見ても、従来の衛星放送受信料から値上がりする訳ではない模様。
NHKはお金持ちだし、デジタル放送化の投資も速かったので、その更新時期も早く来たことで、既に放送設備の4K化が進んでいると言われており、NHK SHV 4Kチャンネルも、独自編制となるという。

と言っても、平日の番組は、BSハイビジョンなどとさほど変わらない構成になるようだが、例えば、ニュースなどではスーパーハイビジョンのみの独自コンテンツの時間帯も設けられるらしい。
それ以外の共通番組も、基本は4Kで撮影し、BSハイビジョンでは、それをフルHDにダウンコンバートして流す形になるようだ。
さらに、週末には、4Kチャンネル独自の大型特集番組を中心にした編制し、4K映画を放映する「4Kシアター」も土曜日夜9時からの枠を割り当てるという。

4K映画については、最近、黒沢明作品や、スターウォーズ、2001年宇宙の旅、刑事コロンボなどの4Kリマスター化が話題になっている通り、フィルムからの4Kリマスター化が進んでおり、こうした映画が上映される可能性はありそうだ。

放送開始になる12月1日、2日には特別番組として南極からの4K生中継に挑むらしい。

資料を見ていてもNHKの意気込みは伝わり、今のところ、BS右旋のチャンネルでは、一番力が入っていて、見どころが多そうなチャンネルとなりそうだな。

BS朝日4K放送 | BS朝日

BS朝日では、今のところ、どのような編成で番組を流すかについては、まだ何も公開していない。
放送が予定されている4K制作の番組が、いくつか紹介されているが、いずれも「いかにもお金がかかっていない」感じの内容ばかりで、あまり期待できそうにないチャンネルに見えてしまうな。

BSフジ4K - BSフジ

BSフジに至っては、「現在のハイビジョン放送の番組編成を基本とした4K放送を行う予定」と明言しており、ニュース番組などは、4Kで撮影し、ハイビジョンでもダウンコンバートして同じ番組を流す形になりそうだが、それ以外、4Kチャンネルの大半は、ハイビジョン番組をアップコンバートして流すことになりそうだ。
4K制作の新番組についても、具体的な内容はまだ何も発表されておらず、全くやる気の感じない告知ページとなっている。

BS-TBS 4K放送

さらにもっとひどいのが、BS-TBSで、PDFで言えばA4 1枚に収まる、ほとんど文字だけの説明が掲載されているだけ。
どんな編成で、どんな4K番組を流す予定なのかといった、具体的な内容は皆無だ。

BSジャパンが10月「BSテレビ東京」に名称変更。新4K8K衛星放送も「BSテレ東4K」に - AV Watch

テレビ東京ホールディングスの子会社だったBSジャパンは、10月1日に社名を「BSテレビ東京」に変え、放送サービス名「BSテレ東」に変更したため、「BSジャパン4K」も「BSテレ東4K」へ名称変更された。

BSテレビ東京「4K放送」についてのお知らせ|株式会社BSテレビ東京

そんな状況もあるのか、BSテレ東4Kの4Kに関する発表も、BS-TBSよりさらに少ない情報量の、「放送始めます」ということだけが分かる内容のみ。こちらも、どんな編成で、どんな4K番組を流す予定なのかといった、具体的な内容は皆無だ。

BS日テレ │ お知らせ

BS日テレに至っては、今回、確認して初めて気づいたのだが、2018年12月1日からは放送が始められず、1年遅れの2019年12月1日からの開始を目指しているという。
これは腹立たしい。フザけるなと言いたい。
4K放送のチャンネルは、公募で応募してきた企業に割り当てた筈だが、その中で、BS右旋のチャンネルは、アンテナ設備を変えずに受信できるから、どこの企業も、喉から手が出るほど欲しいチャンネルのはずだ。
もし、最初からBS日テレが2018年12月1日から放送開始できないことが分かっていたのなら、別の企業がそのチャンネルを獲得できるべきであったし、後から放送開始が遅れると言い出したのなら、総務省はBS日テレの放送免許を取り消すのが筋であると思う。

それがそうなっていないというのは、はやり日本というのは、決して自由主義国家じゃなくて、官僚が取り仕切る官僚国家であることを感じさせるな。
そんな状況だから当然だが、現時点では、どんな編成で、どんな4K番組を流す予定なのかといった、具体的な発表はない。

ここまで、各4Kチャンネルの番組編成や、番組内容を調べてみて、暗澹たる気分となっている。

NHKを除くと、それ以外の民放チャンネルは、BS右旋という、事業の上でとても有利なチャンネルを割り当ててもらっていながら、それに胡坐をかいて、全くやる気を感じさせない。

放送開始まであと1か月になるというのに、本当に放送を見て欲しいと思っているのだろうか?と疑問さえ感じる。

電波という国民の共有財産を使うのだから、もっと批判されてしかるべきだが、放送局自身が自己批判なんてするはずがない。
だったら、他のメディアががんばって批判すべきだが、新聞社は放送局との関係が強いから、決して記事にしない。

こういうことこそ、週刊文春あたりの雑誌が、つまらない不倫記事ばかりでなく、こうした公共性のある問題にがんばって批判して欲しいのに、全然取り上げない。

日本のマスメディアのしがらみにはゲンナリするし、マスゴミと呼ばれても仕方ないよな、と思ってしまう。

関連記事:
2018年に4K/8K実用放送を始める事業者を発表:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ
4k BS放送に対する各メーカーの温度差はますます拡大:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

4K、8K、スマートテレビのゆくえ [ 西正 ]
価格:2376円(税込、送料無料) (2017/1/21時点)




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。