So-net無料ブログ作成

大友克洋がデザイン監修のNHKスペシャル「東京リボーン」 [テレビ]

スポンサードリンク




1545095686444_2e125cb04d6848fa37c0f95d0c416e45.jpg

AKIRAの世界、ふたたび。大友克洋がデザイン監修のNHKスペシャル『東京リボーン』が放送開始|MAGAZINE | 美術手帖

大友克洋の代表作であるSFコミック「AKIRA」が、映画化されたのは1988年だった。
そこに描かれていたのは、荒廃した2020年の日本だったわけだが、その2020年に東京オリンピックが開催されて、それに向けて、現在、大幅な大改造が進んでいる。

ということで、「AKIRA」の制作に携わったクリエイターたちが集結し制作したNHKスペシャル『シリーズ「東京リボーン」』が、12月23日(日)、NHK総合で放送されるそうだ。

といっても、アニメ映画ではなく、あくまで「NHKスペシャル」なのでノンフィクションだが、その2020年の世界観を、大友克洋がデザイン監修したアニメーションを活用して表現する狙いとなっている模様だ。

番組に対し、大友克洋自身がデザイン監修を務め、テーマ音楽も映画「AKIRA」と同じ芸能山城組の山城祥二が担当するという。
タイトル題字も「AKIRA」と同じ劇画家・平田弘史が描いたという。

制作にあたって、大友克洋からの次のコメントが発表された。

東京好きですよ。すごく好きなんです。東京は、常に変化している。都市は生きものだから、それはしょうがないんじゃないですか。だから人々の生き方やスタイルが少しずつ変わっていくんじゃないでしょうか。新しい東京を、新しい人たちが創っていくべきだと思います。これが今回の番組の、テーマなんじゃないかなと思っています。昭和の残滓ざんしを全部切り捨てて、新しいものをつくり上げるということ。東京はいつもそんなふうでなきゃいけないんですよ。

『AKIRA』の世界観のもと、東京の進化と再生を描く NHKスペシャル シリーズ「東京リボーン」 |NHK_PR|NHKオンライン

公式サイトはこちら。

シリーズ「東京リボーン」は、6回のシリーズが予定されているが、今回放送が決まったのは、まずは第1集。

第1集は、「ベイエリア 未来都市への挑戦」と題し、12月23日(日)の21:00から放送予定で、見逃した方には、12月26日(火)深夜の0:40にも再放送があるそうだ。

内容は、15の集中するオリンピック施設が集中するベイエリアを取り上げるそうで、

バレーボール会場となる「有明アリーナ」と水泳会場となる「アクアティクスセンター」は、いずれも災害対策と省エネを極限まで追求した巨大建築。前代未聞の建物だけに、工法も世界でも画期的なもの、工事は難航を極める。ふたつの究極のエコスタジアムの巨大天井取り付けの一大スペクタクルを軸に、未来都市への実験満載のベイエリアの大変貌を描く。

とのこと。

クレジットによれば、番組には大友克洋自身も出演し、ナレーションは、講談師・神田松之丞と、松坂桃李が担当する、というのも注目だ。

第1集以降の予定は、まだ発表されておらず、内容も分からないが、おそらく制作には時間がかかるから、毎週放送される感じではないだろうと思われる(それともすでに作り終えている?)。

まずは忘れずに予約録画したい。

ところで、思うに、これって、4K衛星放送で見ると、確実にもっと綺麗なんだろうな。
こういう番組が増えれば、どうせBSを受けるなら4Kで見たいと思う人は、もっと増えるかもね。

【追記】大友克洋やAKIRAのコンセプトに惹かれて見ましたが、いやー、なくても、日本の土木技術の面白さだけで十分楽しめた。見逃した方は、再放送は必見です。

関連記事:
東京大改造マップ2020 最新版:東京おじさんぽ:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。