So-net無料ブログ作成

i-dioに新チャンネル「Voice Road Channel」 [放送メディア]

スポンサードリンク




V-LOW周波数帯を使った地上波デジタルマルチメディア放送「i-dio」に、久々の前向きなニュースがあったので、ご紹介。

i-dio、4月1日から北海道で聴取可能に。全国7ブロック全てで開業 - AV Watch

「i-dio」サービスの全国展開が、総務省に届けた計画より遅れていたが、2019年4月1日から、北海道ブロックでも「i-dio」の放送サービスを開始し、ようやく全国展開が完了したそうだ。

これにより、放送エリアは北海道、東北、関東・甲信越、北陸・東海、近畿、中国・四国、九州・沖縄の全国7ブロック全てで開業となり、送信所は全国16局体制となるそうだ。

もちろん実際に放送を受信できるエリアは、FM放送に比べても広くないが、一応、これで全国展開の約束は果たしたことになる。。

Amanekチャンネル

一方で、開局時から、車向けに特化した放送を行ってきた「Amanekチャンネル」が、2019年4月21日(日)で終了となった。
車向けのサービスは、ハイレゾ級放送と並んで、「i-dio」の大きな特徴のひとつだったので、それを止めてどうするんだろうと思ったら、

r01_s.jpg

i-dio、ドライバー向け新チャンネル「Voice Road Channel」。ロボットアナ登場 - AV Watch

5月20日から、車向けの新たな放送チャンネル「Voice Road Channel」が新たに開局した。
車向け放送の看板を下ろすわけではないようだ。

放送エリアはi-dio全放送ブロック(全国)で、放送時間は5時~23時(※毎日23時~翌5時は放送休止)とのことだ。

コンセプトは、「“アクティブに移動する人たち”を応援するコミュニティ・チャンネル」と位置づけられており、カーライフの最新情報、ドライブミュージック、気象やスポーツなどの情報を提供するという。

主な番組は次のとおり。

・ドライブやスポーツ、アウトドアライフを愛する人々の生の声を届ける「Voice Message」
・自動車専門メディア「MotorFan」との連動番組「クルマと遊ぼう!」
・日本気象協会とのコラボ番組「お天気日めくり」

音楽については、音楽のプロによる選曲と共に、インディーズアーティストの声も集め「日本一インディーズ楽曲を放送するチャンネルを目指す」そうだ。
かっこよく言っているが、JASRACの曲をなるべく使わず、著作権フリーであったり、コピーレフト扱いの曲をなるべく流すことで、著作権使用料を節約したいというのが、本音ではないだろうか。

また、「ロボットアナウンサーのキミノ ミライとアスノ タスケが、近未来思考のナビゲートする」そうだが、これもおそらく、アナウンサーの人件費節約が一番の目的だろう。

ということで、あまりお金はかかってはいないものの、車向けの放送を諦めた訳ではないみたいだ。

関連記事:
久々にデジタルマルチメディア放送「i-dio」関連情報:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】【安心保証】SIMフリー i-dioPhone ブラック
価格:9008円(税込、送料無料) (2019/5/21時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。