So-net無料ブログ作成

最近のラジオ番組・神回その5「JUNK 爆笑問題カーボーイ」から [ラジオ]

スポンサードリンク




太田光とぜんじろうの“先輩・後輩”騒動が解決できない複雑な理由 (2019年4月17日) - エキサイトニュース

爆笑問題・太田光と、ピン芸人のぜんじろうが、一時期喧嘩状態になったのは、実につまらないことがきっかけだった。

2019年4月7日放送の「サンデー・ジャポン」(TBSテレビ)で、ピエール瀧被告の薬物騒動に関するぜんじろうのツイートに対し、太田による「ぜんじろうは相変わらず厄介だね」とコメントしたことに対し、ぜんじろうが、ツイッター上で「日本の芸能界で後輩の太田くんにサンジャポで『ぜんじろう』呼ばわりされてちょっとだけイラっとする不思議(笑い)」とつぶやいたことに端を発する。

このツイートに対して、太田がラジオ番組で「てめぇ、いつから俺の先輩になったんだ、ふざけんな三流芸人よ!」と挑発したことから、どっちが先輩、後輩なのかという、外野から見るとどうでもいいような喧嘩が始まり、それを見ていた外野が面白がって広げ、ネットニュースが面白がって取り上げることで、広く話題となってしまった。

mainimg_bakusho.jpg

爆問太田とぜんじろう直接対決は「神回」…文字起こしでは伝わらないラジオの神髄 : スポーツ報知

どうするのかと思ったら、4月23日深夜に放送されたTBSラジオ「JUNK爆笑問題カーボーイ」に、ぜんじろうが急遽ゲスト出演し、直接対決することになった。
どうなるか注目して聞いたのだが、予想外、この番組らしからぬ和やかな神回となった。


これは、皮肉でもなんでもなく、元々、二人とも喧嘩などするつもりもなく、騒ぎが自分たちが思ったより広がりすぎてしまったので、困っていたのだろう。

太田光は、それでも一応最初プロレスを仕掛けるものの、ぜんじろうがそれをいなし、昔、東京で活動していたころ、出会った爆笑問題のエピソードをこと細かく語り始め、どんな風に見えていたかを話すと、雰囲気は一変。

太田光も、昔の記憶がよみがえってきたのだろうか、共に思い出すような会話になり、なぜ太田がぜんじろうを後輩だと誤解したかも明らかになる。

さらには、話題は、深い笑い論にも及び、完全に雪解けの雰囲気、というか、二人とも元々お互い尊敬しあっていたし、つまらないことで喧嘩などする気はなかったのだろう。

とても真摯なトークで、かつ、和やかな雰囲気の珍しい「JUNK爆笑問題カーボーイ」となった。

どこかで探して、是非とも聞いて欲しい神回だ。

関連記事:
最近のラジオ番組・神回その4「伊集院光とらじおと」から:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。