So-net無料ブログ作成

ラジオ日本もワイドFMを開始するらしい [ラジオ]

スポンサードリンク




全体としては、ワイドFMへ大きく舵を切ったAMラジオ局に対し、一向にそんな話が出ていなかったラジオ日本は、どうする気なのだろうと思い、近況を調べてみたら、今年に入ってようやく動き始めていることが分かった。

index.gif

RFラジオ日本も動いた。 - 雑記ブログ~勝手に思ったままに~ - Yahoo!ブログ

全国のAMラジオ局には、一斉にワイドFM局の周波数が割り当てられていて、ラジオ日本も92.4MHzという周波数が割り当て済だった。

ところがこの周波数、使わないのであれば2020年3月で削除されることが決まっており、さすがに、その利権を失うのはマズいと、思ったのだろう。ラジオ日本も、ようやく重い腰を上げ始めたようだ。

総務省|関東総合通信局|関東地域におけるラジオの強靱化 《民放ラジオ難聴解消支援事業の交付を決定》

まず、総務省がワイドFMを始めるAM局に資金援助する「無線システム普及支援事業費等補助金(民放ラジオ難聴解消支援事業)」の申請を、ラジオ日本も行っていたようで、今年2月に交付決定していたようだ。

総務省|関東総合通信局|株式会社アール・エフ・ラジオ日本のFM補完中継局に予備免許 -管内全ての民間AMラジオ放送局がFM整備へ-

さらに、2019年6月26日には、総務省関東総合通信局から予備免許が交付され、既に試験電波が出せる状況となっている。

空中線電力は、他の県域局と同じ5kWだが、送信所、演奏所は、神奈川県横浜市との記載があり、具体的な場所はまだ不明。

アール・エフ・ラジオ日本川崎幸放送局 - Wikipedia

AMの送信所は、川崎市幸区の非常に東京に近い場所にあり、東京都内も実質上聴取エリアとしたい意図を強く持っていたが、ワイドFMは、横浜なので、全く別の場所となるようだ。

FMだから、アンテナは高い鉄塔の上がいいのだが、横浜市内には適当な場所に適当なタワーが見当たらない。
となると、野毛山の予備送信所に、新たにFM用の鉄塔を立てて使うのかな?
もしそうなれば、聴取可能エリアが、AMとは全く違ってくるのは確実で、ラジオ日本としては、AM廃止に向けて大きな賭けとなりそうだ。
また、本局だけで神奈川県西部に電波を届けるのは不可能なので、おそらく小田原送信所も、追ってワイドFMに対応するだろうな。

総務省|「主たるFM補完中継局」の整備完了 ~ 本年度中に全ての民間AMラジオ放送事業者の「主たるFM補完中継局」が整備完了 ~

本放送の開始時期は今のところ未発表だが、この総務省の広報によれば、西日本放送、高知放送とともに、2019年度中に整備を完了する約束となっているため、おそらく2020年3月には開局するだろう。

試験放送の開始日や、送信所の位置、受信可能エリアなどと併せて、新たな詳細情報が分かったら、随時このブログでもお知らせしてゆきたい。

関連記事:
ラジオ日本開局60周年を記念し、ロゴを刷新:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

関東のラジオ聴き

どうもです。
読んでみての印象ですが、ラジオ日本のワイドFM開始は手放しで喜べない部分がありそうですね。
送信所の場所次第ではキラーコンテンツであろう中央競馬実況中継やジャイアンツナイターのリスナーが恩恵を受けられないこともあり得るかと。東京競馬場がある府中ではクリアに受信できても東京ドームや多くの場外馬券売り場がある都心部でクリアに受信できないとどうなのかなと私は思ってしまいます。都内でFMヨコハマが聴けるところなら問題ないかもしれませんが。小田原のワイドFM化の方もどうにかしてくれればと思います。
by 関東のラジオ聴き (2019-08-25 19:53) 

naniwa48

関東のラジオ聴きさん、こんにちは。
FM完全移行に向けて、ラジオ日本も、神奈川県域放送に生まれ変わらざるを得ないかもしれません。
大変そうですが
by naniwa48 (2019-08-25 21:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。