So-net無料ブログ作成

TBSラジオ「Action」vs. ニッポン放送「DAYS」の対決、結果は?(2) [ラジオ]

前回、TBSラジオの新番組「Action」の最初の週の感想を書いたので、今回は、裏で一部時間帯が重なるニッポン放送の新番組「DAYS」の感想を書きたい。

days_new.jpg

ニッポン放送の2019年春・番組改編情報:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ

ニッポン放送の昼の帯生の新番組「DAYS」は、13:00~16:00に放送で、15:00からはTBSラジオ「Action」のと重なり、それ以前は「たまむすび」と重なる。

パーソナリティが、月曜が山口智充、火曜が中川家、水曜が原田龍二、木曜が安東弘樹で、アシスタントが東島衣里アナウンサーという、しゃべり手として力がありそうなラインナップなので、ニッポン放送としては久々に期待して、初回を全部聴いてみた。

月曜の山口智充は、進行は卒ないが、初回なので慎重になったのか、あまりインパクトはないまま終わってしまった。

それに比べると、火曜の中川家は、最初グダグダだったが、毒の強い面白さは上かな。昼としては毒が強すぎる感はなくはないが、一般的な意味で一番おもしろい曜日だと思う。ゲストの陣内という人選もよかったし、鶴瓶の乱入後のトークも面白かった。

水曜の原田龍二はラジオの喋りを初めて聞いたが、自分のパーソナリティを知ってもらうだけで手一杯で、あまり印象に残らなかった。こうした仕事はご本人が未体験ゾーンだろうから、現時点での評価は控えたい。

それに比べると、木曜のアンディこと安東弘樹は、さわやかな口調とは裏腹に、裏のTBSネタあり、大げさな女性褒めあり、会社批判あり、言いたい放題の上に、自分自身もアナウンサーだから進行もばっちり。
ただ、アシスタントが女性なので、「たまむすび」と違い下ネタだけは封印していた。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感