So-net無料ブログ作成

第161回芥川賞、直木賞の結果について [文学・小説]


7月17日に、第161回芥川賞、直木賞の結果発表があった。

芥川賞受賞の今村さん「一生手の届かないものだと思っていた」 - 毎日新聞

まず、芥川賞は今村夏子さんで、受賞作は「むらさきのスカートの女」(小説トリッパー春号)。
候補がすべて女性という中、太宰賞や、三島賞の受賞歴もあり、芥川賞も2回目の候補ということで、実績のある中堅の受賞となった。残念ながら、読んでないので、中身は分からない。

大島真寿美氏は直木賞に淡々「何か書けちゃった」|ニフティニュース

一方、直木賞は、大島真寿美さんの「渦 妹背山婦女庭訓 魂結び」(文芸春秋)。
江戸時代の人形浄瑠璃の作者、近松半二が主人公の時代小説ということで、これまで主だった受賞歴はないが、直木賞は2度目の候補で受賞となった。こちらも、残念ながら、読んでない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感