So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

MONKEY MAJIK×サンドウィッチマン「ウマーベラス」が大人気 [音楽]


サンドウィッチマンの新刊2冊:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ

以前、このブログで、伊達ちゃんの編み出した「ゼロカロリー理論」を歌詞に織り込んだ楽曲「ウマーベラス」が、MONKEY MAJIKとのコラボでリリースされることを書いたが、歌詞のくだらなさと正反対に、曲の出来が素晴らしく、かなりの評判を呼んでいるようだ。
私も、最初MVを見た時から、耳から離れなくなって、今、レビロテで聴いている。

なお、音源は、Amazon、Mora、e-onkyo musicなどでもダウンロード販売され、定額音楽配信のAmazon Music UnlimitedやSportifyでも聴けるみたい。
また、MONKEY MAJIKとサンドウィッチマンのツアー会場限定で、3曲入りCDも販売されているそうだ(税込1,000円)。

実際、YouTubeのアクセスも多く、音源配信も売れているそうで、最近、サンドがゲスト出演した番組では、必ずこの曲を宣伝しているし、ラジオなら流してもらっていることが多いからも分かる。
こんなの、サンドでは過去にないことだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

RHYMESTERの新曲「After 6」発売! [音楽]

アフター6ジャンクション|TBSラジオFM90.5+AM954~聞けば、見えてくる~

RHYMESTER宇多丸がパーソナリティを務めるTBSラジオの夜のカルチャー・キュレーション番組「アフター6ジャンクション」が、2018年4月に始まって以降、どんどん楽しい番組に成長していて、楽しいので聴く時間も確実に長くなっている。

その「アフター6ジャンクション」のテーマをフルバージョンとしてリメイクした新曲「After 6」が、7月18日に発売された。

iTunes Storeほか主要配信サイト、Apple Music、Spotify、dヒッツほか定額制聴き放題サービスで配信中

現段階では、販売開始しているのは、ダウンロード販売だと、iTunes Store、レコチョク、moraで、iTunes Storeで250円だった。
また定額聴き放題のサブスクリプションサービスだと、Apple Music、LINE MUSIC、Sportifyで、聴けるようになった。
私は、現在Sportifyの無料アカウントを持っているので、早速、上のサイトのSportifyへのリンクをクリックしてみたが、無料アカウントでも、ログイン後、直ちに「After 6」が聴けたので、もしアカウントを持っているなら、Sportifyへ直行だ!


「After 6」のショートバージョンのMVも公開されたが、各曜日パートナーのTBSアナウンサーが勢揃いしており、これも実にカッコいい。

私は、平日は「アフター6ジャンクション」を、ほぼフルに聴くような習慣とになっており、その魅力を改めて分析してみよう。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Googleフォトを音楽ライブラリとして活用する [音楽]

002_480x.jpg

フォト - Google フォト

Googleフォトというと、無料ながら、容量無制限で画像ファイルと、動画ファイルをアップロードできるサービスとして、非常に便利なので、私も、写真の管理に利用している。

ふと、私が持っているラジオの録音を、Googleフォトにアップロードして管理できないだろうか?と思い試してみた。
というのも、Googleフォトは、写真だけでなく、動画も無制限でアップロードできるから、ラジオの録音を簡単に動画ファイルに変換できたら、Googleフォトで管理できそうだからだ。

そのためには、次のようなツールがあるといい。

・MP3やM4A、AACなどの音声ファイルを複数一括してMP4動画ファイルに変換できる
・動画を生成時に、MP3タグから抽出した曲名とミュージシャン名をテロップとして付けてくれる

TunesToTube - Upload an MP3 to YouTube in HD

何かいいツールをないかと探していて見つけたのが、「TunesToTube」というWebサービス。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

NakamuraEmiの衝撃 [音楽]

音楽を長年聞いていると、ずっと好きなミュージシャンを中心に聴いてしまい、なかなか新しいミュージシャンに目を向けなくなってしまう。

そんな私が、最近、久々に衝撃を受けて、一発でファンになってしまったミュージシャンがいる。


NakamuraEmiの熱いスタジオ生歌唱【宇多丸も宇垣アナも感涙】

TBSラジオ「アフター6ジャンクション」の2018年5月8日(火)「ライブ&ダイレクト」で、生歌を披露してくれた「NakamuraEmi」さんだ。

彼女のヴォーカルに、伴奏はアコースティックギター1本のみのシンプルなライブだったが、ヒップホップの影響を強く受けた独特の譜割と、その上で語られる硬派で密度の高い歌詞世界は、衝撃的だった。

NakamuraEmi - Wikipedia

さっそくプロフィールなどを調べてみたが、1982年生まれで現在36歳。神奈川県厚木市出身のシンガーソングライターで、オフィスオーガスタ所属とのこと。
一緒に生ギターを弾いていたのは、彼女の音楽プロデューサーでありギタリストのカワムラヒロシ。この人のギターも凄かった。

2007年、25歳で本名の中村絵美としてアーティスト活動を開始したが、当時は、J-POP主流の音楽を目指したが、なかなか芽が出なかったらしい。

その後、ヒップホップやジャズやレゲエに強いインパクトを受け、特に、ライムスターの音楽には強い影響を受けたそう。
竹原ピストルのマネージャーに誘われす、2011年に、アーティスト名を「NakamuraEmi」と変え、新たに活動を開始したそうだ。

2012年10月に、alosotimuをサポートにむかえて1stEP「NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.1」をリリース。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

「たすくこま」の替え歌動画にやられた! [音楽]

「たすくこま」という人のYouTube動画に、現在ハマっている。

最初に見たのは、ドラマ「アンナチュラル」関係の動画を検索していてい見つけた主題歌「レモン」の替え歌で、「...えもん」。こちらだ。


替え歌として物凄くうまくできている上に、歌も素人とは思えないウマさ。
シンプルだが味のある動画も、手が掛かっているようでいい。
哀愁まで感じさせる完成度の高さに、一気にファンになってしまった。

替え歌デブ「たすくこま」公式プロフィール

芸人さんかと思いググってみたら、「たすくこま」さんというのは、YouTuberとして活動されている方みたい。
その意味では、私が、ファンとなった初めてのYouTuberかもしれない。

知らなかったのだが、公式サイトを見ると、チャンネル登録者数は24万人を超え、総再生回数は6700万回を超える人気のYouTuberさんらしい。
トップYouTuberに比べれば、物凄い人気ではないのかもしれないが、このぐらいアクセスがあれば、十分生計を立てていけるんだろうな。実際、それに値する才能があると思う。
たとえ、何十倍ものアクセスはあっても、過激なことしかできない人たちとは大違いだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感