So-net無料ブログ作成

西寺郷太さん、今後こういう曲のタイトル、やめてね! [音楽]

スマートスピーカー「Google Home」で、Google Play Musicでクラウドに登録した音楽ライブラリや、Sportifyなどのライブラリをよく再生して聞いている。

CDをタグを付けてリッピックしたり、音声配信で購入した音源ファイルを、Googleクラウドに登録しておけば、Androidの「Google Play Music」アプリや、「Google Home」からいつでもどこでも聴けるのが、大変便利なのだ。

ところが、「Google Home」の音声操作で、どうしても呼び出せない曲があり、困っている。

Google Play Musicアプリで文字で検索しても、表示されない曲があるのは、データベースレベルのバグではないかと思われるが、それ以外にも、ライムスターの「After 6」が「アフター・ロク」と言わないと呼び出せないのは、GoogleアシスタントのAIの賢さの問題だろう。
湯桶読みではないが、なんで「After」が英語で、「6」は日本語で読ませるんだよ!(笑) 私もよく気付いたな。

しかし、中にはこれはGoogleの責任じゃないなー、コンテンツの方が悪いよなー、と思うケースもある。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

POP STATION [ NONA REEVES ]
価格:2814円(税込、送料無料) (2019/1/11時点)


たとえば、最近困ったのは、「Nona Reeves」の曲を聴こうとした時。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

MONKEY MAJIK×サンドウィッチマン「ウマーベラス」が大人気 [音楽]


サンドウィッチマンの新刊2冊:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ

以前、このブログで、伊達ちゃんの編み出した「ゼロカロリー理論」を歌詞に織り込んだ楽曲「ウマーベラス」が、MONKEY MAJIKとのコラボでリリースされることを書いたが、歌詞のくだらなさと正反対に、曲の出来が素晴らしく、かなりの評判を呼んでいるようだ。
私も、最初MVを見た時から、耳から離れなくなって、今、レビロテで聴いている。

なお、音源は、Amazon、Mora、e-onkyo musicなどでもダウンロード販売され、定額音楽配信のAmazon Music UnlimitedやSportifyでも聴けるみたい。
また、MONKEY MAJIKとサンドウィッチマンのツアー会場限定で、3曲入りCDも販売されているそうだ(税込1,000円)。

実際、YouTubeのアクセスも多く、音源配信も売れているそうで、最近、サンドがゲスト出演した番組では、必ずこの曲を宣伝しているし、ラジオなら流してもらっていることが多いからも分かる。
こんなの、サンドでは過去にないことだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

RHYMESTERの新曲「After 6」発売! [音楽]

アフター6ジャンクション|TBSラジオFM90.5+AM954~聞けば、見えてくる~

RHYMESTER宇多丸がパーソナリティを務めるTBSラジオの夜のカルチャー・キュレーション番組「アフター6ジャンクション」が、2018年4月に始まって以降、どんどん楽しい番組に成長していて、楽しいので聴く時間も確実に長くなっている。

その「アフター6ジャンクション」のテーマをフルバージョンとしてリメイクした新曲「After 6」が、7月18日に発売された。

iTunes Storeほか主要配信サイト、Apple Music、Spotify、dヒッツほか定額制聴き放題サービスで配信中

現段階では、販売開始しているのは、ダウンロード販売だと、iTunes Store、レコチョク、moraで、iTunes Storeで250円だった。
また定額聴き放題のサブスクリプションサービスだと、Apple Music、LINE MUSIC、Sportifyで、聴けるようになった。
私は、現在Sportifyの無料アカウントを持っているので、早速、上のサイトのSportifyへのリンクをクリックしてみたが、無料アカウントでも、ログイン後、直ちに「After 6」が聴けたので、もしアカウントを持っているなら、Sportifyへ直行だ!


「After 6」のショートバージョンのMVも公開されたが、各曜日パートナーのTBSアナウンサーが勢揃いしており、これも実にカッコいい。

私は、平日は「アフター6ジャンクション」を、ほぼフルに聴くような習慣とになっており、その魅力を改めて分析してみよう。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Googleフォトを音楽ライブラリとして活用する [音楽]

002_480x.jpg

フォト - Google フォト

Googleフォトというと、無料ながら、容量無制限で画像ファイルと、動画ファイルをアップロードできるサービスとして、非常に便利なので、私も、写真の管理に利用している。

ふと、私が持っているラジオの録音を、Googleフォトにアップロードして管理できないだろうか?と思い試してみた。
というのも、Googleフォトは、写真だけでなく、動画も無制限でアップロードできるから、ラジオの録音を簡単に動画ファイルに変換できたら、Googleフォトで管理できそうだからだ。

そのためには、次のようなツールがあるといい。

・MP3やM4A、AACなどの音声ファイルを複数一括してMP4動画ファイルに変換できる
・動画を生成時に、MP3タグから抽出した曲名とミュージシャン名をテロップとして付けてくれる

TunesToTube - Upload an MP3 to YouTube in HD

何かいいツールをないかと探していて見つけたのが、「TunesToTube」というWebサービス。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

NakamuraEmiの衝撃 [音楽]

音楽を長年聞いていると、ずっと好きなミュージシャンを中心に聴いてしまい、なかなか新しいミュージシャンに目を向けなくなってしまう。

そんな私が、最近、久々に衝撃を受けて、一発でファンになってしまったミュージシャンがいる。


NakamuraEmiの熱いスタジオ生歌唱【宇多丸も宇垣アナも感涙】

TBSラジオ「アフター6ジャンクション」の2018年5月8日(火)「ライブ&ダイレクト」で、生歌を披露してくれた「NakamuraEmi」さんだ。

彼女のヴォーカルに、伴奏はアコースティックギター1本のみのシンプルなライブだったが、ヒップホップの影響を強く受けた独特の譜割と、その上で語られる硬派で密度の高い歌詞世界は、衝撃的だった。

NakamuraEmi - Wikipedia

さっそくプロフィールなどを調べてみたが、1982年生まれで現在36歳。神奈川県厚木市出身のシンガーソングライターで、オフィスオーガスタ所属とのこと。
一緒に生ギターを弾いていたのは、彼女の音楽プロデューサーでありギタリストのカワムラヒロシ。この人のギターも凄かった。

2007年、25歳で本名の中村絵美としてアーティスト活動を開始したが、当時は、J-POP主流の音楽を目指したが、なかなか芽が出なかったらしい。

その後、ヒップホップやジャズやレゲエに強いインパクトを受け、特に、ライムスターの音楽には強い影響を受けたそう。
竹原ピストルのマネージャーに誘われす、2011年に、アーティスト名を「NakamuraEmi」と変え、新たに活動を開始したそうだ。

2012年10月に、alosotimuをサポートにむかえて1stEP「NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.1」をリリース。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)