So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ジェーン・スー著「生きるとか死ぬとか父親とか」読了 [本]

2018-06-07 08.18.22.jpg

ジェーン・スー新刊「生きるとか死ぬとか父親とか」5月18日発売!【動画あり】

ジェーン・スー新刊「生きるとか死ぬとか父親とか」が届いたので、じっくり読み始めたが、先ほど読み終えたところだ。

一般的に、親を一人の人間として見られるようになるのは、自分に子供ができて、子育てを始めて、親の立場が分かり始めてからだ。私の場合、その頃から、ざっくばらんに親と話せるようになった気がする。

「あの凍りつくような場面は、父親の浮気だったのか?」とか、「何で大手企業を辞めて、親戚の小さな職場に転職したのか?」とか、今になって思い出す謎を素直に聞けるようになったのは、この頃からだった。

スーさんの場合は、父親のことをを知る機会がなかなかなかったのは、子どもを産んでいないことも大きいのではないかと思う。

自分の親が好きだったかというと、嫌いな部分も多かったが、今は、一人の人間として見れば、人間なんてそんなもんだよな、と思える。

そして、それは、親に似た部分を確実に引き継いでいる自分に対する自己肯定に他ならないのだろう。

就職して、当時の団塊の世代より上の世代の幹部や上司と接して改めて感じたのだが、基本、彼らは戦後の激動の時代を生きただけに、モラルより生きることが大事な無茶苦茶な世代だったのだ。

特に、全共闘世代と言われるような人達の中には、「世の中のルールは破るためにある」ぐらいの感覚の人たちが結構いたんだよな。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ジェーン・スー新刊「生きるとか死ぬとか父親とか」が発売に [本]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

生きるとか死ぬとか父親とか [ ジェーン・スー ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/5/23時点)


ジェーン・スー新刊「生きるとか死ぬとか父親とか」5月18日発売!【動画あり】

ジェーン・スーの新刊「生きるとか死ぬとか父親とか」が、いよいよ発売されたようだ。帯の推薦コメントは、阿川佐和子。




宣伝用の動画もYouTubeで公開されているな。

ラジオ番組での発言によれば、早くも重版出来だそうで、出足はなかなかいいようだ。

私自身は、元々、三省堂のイベントで買ってサインをもらおうかとも思っていたので、予約はしていなかったのだが、仕事の方が忙しくて諦めた。なので、まだ手に入れられていない。

まずはそうした出版関連イベントを、ご紹介。

ジェーン・スーが家族にまつわる悩みに答える 『生きるとか死ぬとか父親とか』刊行トークイベント開催 | イベント | Book Bang -ブックバン-

まず、発売日の5月18日(金)に、「生きるとか死ぬとか父親とか」の刊行を記念したトークイベントが、東京・神楽坂にあるキュレーションストア〈la kagu〉で開催されたそうだ。

ジェーン・スーさんトーク&サイン会『生きるとか死ぬとか父親とか』(新潮社)刊行記念 | 三省堂書店神保町本店特設サイト

また、5月22日(火)の18時30分~、三省堂書店 神保町本店8階特設会場で、「生きるとか死ぬとか父親とか」のトーク&サイン会が開催された。元々これに行く予定だったのだが、出張が入り、行けなくなってしまったのだ。

「生きるとか死ぬとか父親とか」発売記念 ジェーン・スー トーク&サイン会 | 星野書店 近鉄パッセ店

続いて、6月3日(日)の12時~に、名古屋駅すぐそばの星野書店近鉄パッセ店で、「生きるとか死ぬとか父親とか」発売記念 ジェーン・スー トーク&サイン会が開催されるそうです。

【満席】日経・オトナ女子の会(大阪会場) - 梅田 蔦屋書店

6月09日(土)には、昼の部13:00~15:30と、夜の部17:00~19:30の2回、大阪梅田の蔦屋書店で、「日経・オトナ女子の会」が開催されるそうだ。こちらは、サイン会はないみたい。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

「ラジオ受信バイブル2018」発売中 [本]


ラジオ受信バイブル2018 | 三才ブックス

すっかり見落としていたが、毎年、三才ブックスから発売されるラジオ受信テクニックのノウハウ本「ラジオ受信バイブル」の2018年版が、2月26日に発売されていたようだ。

定価は、税込1,296円。

主な内容としては、

・各社のラジオ最新機種の紹介
 ソニーの録音できるラジオICZ-R250TVのレポートや、中華ラジオの改造記事など
・ラジオ遠距離受信テクニック
 今回は特に、ワイドFM(FM補完放送)の電波特性や、飛び具合に力が入っています
・ラジオのノイズ対策ノウハウ
・ラズパイを使ったradiko専用ホームラジオの製作記事
・radiko.jpプレミアムの録音テクニック

などなど。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

「広辞苑」が10年ぶりの新版 [本]

miya_171025kojiennana02.jpg

『広辞苑』10年ぶり新版 「ツイート」「ビットコイン」など1万語追加 「炎上」には「ネット炎上」の意味も - ITmedia NEWS

「広辞苑」が10年ぶりの改訂版発売 新たに1万語収録で「ブラック企業」など追加 「オタク」などの解説変化も - ねとらぼ

岩波書店が、国語辞典「広辞苑」の10年ぶりの改訂新版「第7版」を、2018年1月12日に発売するそうで、「広辞苑」というと最も権威ある国語辞典であるだけに、新たに追加された言葉に関して、あちこちで話題を呼んでいる。

IT関連後も多く取り入れられ、「ツイート」「ビットコイン」「クラウド」「アプリ」「スマホ」「ブロガー」「メアド」「自撮り」「ディープラーニング」「(スティーヴ・)ジョブズ」「フリック」「仮想通貨」「ブルーレイ」といった言葉が新たに加わった。

さらには、IT関連で新たな意味や、意味が変わった用語についても、説明が追加されており、「炎上」の項目には、「火が燃え上がること」に加え、「インターネット上で、記事などに対して非難や中傷が多数届くこと」という説明が追加されたり、「リセット」の項目にも「再び始動の状態に戻すこと」に加え、「新たに始めるために、もとの状態に戻すこと」という説明が加えられたりしているそうだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

「ラジオ読本2017」を購入 [本]


2014年に「21世紀ラジオ読本」というラジオ番組に関するムック本を発売した洋泉社が、2年ぶりに続編になる「ラジオ読本2017」を発売したので、購入した。

価格は、税別1,200円だ。

ナイツ、壇蜜、土屋礼央のパーソナリティインタビューや、荻上チキ、岩井勇気(ハライチ)へのパーソナリティアンケートが主体となっていて、さらに、松村邦洋やえのきどいちろう、東出昌大、大根仁などがリスナーの立場で語るコーナーなど、両面からラジオを深堀する構成となっている。

個人的には、地方ラジオ局の面白そうな番組紹介が参考になった。
そうして知った番組を、radikoタイムフリーで、気軽に聴ける時代になったのも素晴らしいな。

続きを読む