So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

テレビ ブログトップ
前の5件 | -

サンドウィッチマンを起用したパイロット番組の多さ [テレビ]

normal.jpg

我が家では、「サンドウィッチマン」でキーワード自動録画しているので、サンドの二人が出演する番組は、ほとんど漏らさず録画されている。

ファンなので、なるべく彼らが出る番組は見るようにしているのだが、最近、特に特番形式での出演番組が増えすぎて、とてもではないが、全部は見られなくなり、興味を持った番組に絞って見ざるを得なくなっている。

そうした特番を見ていると、ほとんどが、今後のレギュラー化をにらんだ新しい企画の番組であることが分かる。

サンドウィッチマン、タモリ抜き1位 華丸・大吉2位|エンタメ!|NIKKEI STYLE

おそらく、サンドの人気が急上昇し、彼らを起用して番組を作りたいという企画が増えているのだろう。
その前段階として、パイロット番組を作成してみて、サンドを核にレギュラー番組を育てたいという意図が感じられる。

そうしたパイロット番組と思われる特番は、検索するとずらずら出てくる。今年に入ってからでも、これだけあった。

サンドと三宅裕司MCの実家片付け特番、富澤「キャラ強い人多い」(コメントあり) - お笑いナタリー

「実家を片づけてみませんか?」(TBS系)は、1月、4月に続く第3弾が7月25日(水)に放送され、年4回のレギュラー化しつつあるのかもしれない。非常に、テレ東っぽい企画だが、面白いのは確かだ。

サンドウィッチマンと千鳥、家庭の風呂をいただくロケ「ずっと何をしてんねん」(コメントあり) - お笑いナタリー

サンドウィッチマン、千鳥が出演する「サンドのお風呂いただきます」(NHK総合)が最初に放送されたのは、1月だったが、その第2弾である「神奈川県湯河原町編」が7月12日(木)に放送された。
サンドと千鳥が、突然訪れて家庭の風呂を貸してもらうという企画だが、これもNHKなのに、実にテレ東っぽい。

サンドウィッチマンMC密着バラエティ、すっちーの選んだ人生紹介(コメントあり) - お笑いナタリー

3月9日(金)に放送された特番「金曜プレミアム『密着!なぜソッチの人生選んだの?』」(フジテレビ・関西テレビ系)も、サンドがMCだった。これはさまざまな人物の人生の選択について「なぜそっちの人生を選んだの?」という疑問と共に紹介する“密着バラエティ”だそうだ。

わらふぢなるおら“ぶっ飛んだ”プロの仕事に密着、サンドMC特番 - お笑いナタリー

3月29日(木)に放送された「超体感!エクストリーム・ミッション」(NHK総合)は、サンドがMCを務め、各分野で“エクストリーム(=ぶっ飛んだ)ミッション”に挑むプロたちを、芸人のレポーターが密着挑戦し、紹介する番組。

陣内智則やサンドウィッチマンが見届ける、高速バスで上京する人々 - お笑いナタリー

4月15日(日)に放送された「○○発東京行き 2018春」(フジテレビ・関西テレビ系)は、陣内智則がMCを務め、サンドはパネラーとして出演。
大阪から高速バスで上京する人を追うドキュメントバラエティの第2弾で、昨年年8月に関西ローカルで第1弾が放送されのが、今回は東京でも放送。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

サンドウィッチマンの「病院ラジオ」 [テレビ]

「サンドウィッチマン」で自動録画をかけているから、よくわかるのだが、レギュラー番組以外に、サンドの二人を起用した単発の番組が、最近いやに多い。

番組企画自体が新規であることが多いので、おそらくサンドをメインに置いた新レギュラー番組のパイロット番組としてつくられた可能性が高いと思われる。

実際、新機軸の番組が多いのだが、中でもNHK総合で、8月9日(木)に放送された「病院ラジオ」は素晴らしい番組だった。

sirabee20180810byouinradio-600x400.jpg

サンドウィッチマンがお届けする涙と笑いの「病院ラジオ」 病院ラジオ |NHK_PR|NHKオンライン

サンドの2人が、大阪の国立循環器病研究センター病院に、ミニバンで機材持ち込みで出向き、2日間、その庭で出張ラジオ局を開設し、病院内に向けて放送を行うという企画のテレビ番組だ。

病院に入院、通院する人や、その家族がふらっと入るのを招き入れ、絶妙な間で、その人たちの本音を引き出す。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

日テレ秋ドラマで、野木亜紀子&新垣結衣が再びタッグ [テレビ]

「逃げ恥」の脚本家・野木亜紀子氏と新垣結衣 日テレ秋ドラマで再タッグ - ライブドアニュース

2016年に、TBSで放送された大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で主演した新垣結衣と、脚本の野木亜紀子が、日本テレビの今秋クールのドラマで再びコンビを組むそうだ。

「逃げるは恥だが役に立つ」は、略語の「逃げ恥」が流行語になるほどのブームを巻き起こし、最終回の総合視聴率は33.1%を記録したそうだ。

今回のドラマのタイトルや内容の詳細はまだ発表されていないが、時間帯は、水曜10時枠とのこと。

共演陣は、松田龍平や田中圭など演技派を揃え、「逃げ恥」並みの大ヒットを狙うようだ。

原作があるのか、完全オリジナル脚本なのかも、まだ不明。

それでも、「アンナチュラル」が衝撃的な傑作だったので、今度も期待して待ちたいな。

野木亜紀子が振り返る、『アンナチュラル』の成功 「自分が面白いと思うものをつくっていくしかない」|Real Sound|リアルサウンド 映画部

「アンナチュラル」に関しては、その後、7月10日にDVD/Blu-rayが発売されたこともあり、いくつか振り返りのインタビューな記事が掲載されている。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

今期お気に入りのTVアニメ「はたらく細胞」 [テレビ]

私、アニメはそれ程大ファンということはなく、マンガ原作が大好きな場合にのみ、見る感じなのだが、今シーズン、唯一、原作が好きで、今のところ見続けている唯一のTVアニメが「はたらく細胞」だ。


TVアニメ『はたらく細胞』公式サイト | 2018.7.7(土)放送開始!!

初回は、2018年7月8日だったが、毎週日曜(土曜深夜) の0:00-0:30に、TOKYO MX1で放送されている。

はたらく細胞 - Wikipedia

原作マンガの「はたらく細胞」の作者は清水茜で、「月刊少年シリウス」(講談社)に連載された初連載作品。それが、アニメ化されたそうだ。

このマンガでありアニメを一言でいうと、人間の体内にある細胞を擬人化し、体内で起こる日常の活動を、ドラマチックな展開で描いた作品、ということになるのだろうか。

作者にとって初連載で、しかも、マイナーなマンガ誌だったにもかかわらず、その設定の緻密さと、意外なほどのエンタテイメント性が話題を呼び、2016年宝島社「このマンガがすごい」でも7位にランクインした。

私が、この漫画を知ったのは、この「このマンガがすごい」を読んでからだが、第一巻を読み始めたら止まらなくなり、最新刊の第5巻まで読み続け、そのスピンオフである「はたらく細菌」「はたらかない細胞」「はたらく細胞BLACK」まで手を出して読んでいるのだから、かなりのファンである。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

フジテレビの深夜アニメ枠「+Ultra」の狙いは海外向けか [テレビ]

f180308_plus_0.jpg

フジテレビ:10月から新たな深夜アニメ枠「+Ultra」 世界に向けたアニメを ノイタミナも継続 - 毎日新聞

フジテレビが、従来からある深夜アニメ枠「ノイタミナ」に加え、新たに2017年10月から、深夜アニメ枠「+Ultra(プラスウルトラ)」を新設し、新作アニメを制作し放映している。

狙いは、「最初から世界を見据え、破格の制作費の作品をたくさん作る」ことだそうで、これまでこうした動きは、NetFlixなどの海外のネット配信事業者からしか出てこなかったが、ようやく日本のテレビ局でも最初から海外進出を見据えたアニメ作りを行う覚悟が出てきたようだ。

フジテレビが新アニメ枠「+Ultra」、Ingressがアニメに。「全世界に向けて発進」 - AV Watch

早速、「INGRESS(イングレス)」や「ポケモンGO」を開発したARゲームの開拓者ナイアンティックが参加したアニメ作品「INGRESS」を2017年10月から放送開始した。

アニメ番組「INGRESS」と、オンライン位置情報ゲーム「INGRESS」とが連携した新たな「拡張現実エンターテインメント」も計画しているようで、監督には、あの櫻木優平氏の名前が挙がっているのが興味深い。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
前の5件 | - テレビ ブログトップ