So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ラジオ ブログトップ
前の5件 | -

RHYMESTERの新曲「After 6」発売! [ラジオ]

アフター6ジャンクション|TBSラジオFM90.5+AM954~聞けば、見えてくる~

RHYMESTER宇多丸がパーソナリティを務めるTBSラジオの夜のカルチャー・キュレーション番組「アフター6ジャンクション」が、2018年4月に始まって以降、どんどん楽しい番組に成長していて、楽しいので聴く時間も確実に長くなっている。

その「アフター6ジャンクション」のテーマをフルバージョンとしてリメイクした新曲「After 6」が、7月18日に発売された。

iTunes Storeほか主要配信サイト、Apple Music、Spotify、dヒッツほか定額制聴き放題サービスで配信中

現段階では、販売開始しているのは、ダウンロード販売だと、iTunes Store、レコチョク、moraで、iTunes Storeで250円だった。
また定額聴き放題のサブスクリプションサービスだと、Apple Music、LINE MUSIC、Sportifyで、聴けるようになった。
私は、現在Sportifyの無料アカウントを持っているので、早速、上のサイトのSportifyへのリンクをクリックしてみたが、無料アカウントでも、ログイン後、直ちに「After 6」が聴けたので、もしアカウントを持っているなら、Sportifyへ直行だ!


「After 6」のショートバージョンのMVも公開されたが、各曜日パートナーのTBSアナウンサーが勢揃いしており、これも実にカッコいい。

私は、平日は「アフター6ジャンクション」を、ほぼフルに聴くような習慣とになっており、その魅力を改めて分析してみよう。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「ジェーン・スー生活は踊る」“スーパー総選挙”の結果から [ラジオ]

DepZSBOVMAAY5kz.jpg

オーケーが2連覇!ラジオリスナーの投票で決める「スーパーマーケット総選挙」

TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」が主催した「第2回スーパー総選挙」の結果は、6月15日(金)の放送で発表されたが、投票総数は、第1回に比べ大幅に増え5149票。

エントリーしたスーパーは316社を数えたというが、結果は、今年も「オーケー」が連覇。
以下、ランキングは次の通り。

1位 オーケー (1035)
2位 ヤオコー (779)
3位 ライフ (730)
4位 サミット (203)
5位 マルエツ (154)
6位 ロピア (141)
7位 オオゼキ (135)
7位 西友 (135)
9位 ベルク (87)
10位 セイミヤ (78)

2位も前回と同じく埼玉密着の「ヤオコー」で、ここまでは盤石か。3位にはランクアップした「ライフ」が入った。
全般に地元密着の小中規模スーパーがランクを上げており、大型スーパーのランクダウンが目立つ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2018年6月度の首都圏ラジオ聴取率調査の結果発表! [ラジオ]

2018年6月度首都圏ラジオ聴取率の調査結果 | ビデオリサーチ

2018年6月11日(月)~6月17日(日)に実施された首都圏ラジオ聴取率調査の結果が、ビデオリサーチ社から発表された。

全体的に見ると、ラジオ全体の聴取率とも言えるSIU(Set In Use)は5.2%で、前回の4月調査と変わらず、ラジオを聴いている人は増えてはないない。
しかし、ビデオリサーチ社から公表されている細かい内訳を見ると、35-49歳の年齢層が0.2%も減っている一方、12-19歳、および、20-34歳の年齢層は逆に0.1%増えており、若い年齢層でリスナーが増えているというのは、ラジオ業界にとっては微かな希望かも知れない。

caf189df27ed99b4d2e8ad03c70647b6-404x400.jpg

おかげさまで17年間個人聴取率No.1に!

これを受けて、TBSラジオが、早速ニュースリリースを発表した。

まずは、2001年8月から102期連続で、17年間 個人聴取率№.1を達成したとのこと。
しかも、週平均に加え、平日、土曜、日曜の各平均も、TBSラジオが1位になり、局別の平均聴取率でも、TBSラジオが0.9%でトップで、2月度では並ばれた2位のJ-WAVE(0.7%)や、3位のニッポン放送(0.6%)を、再び突き放す形となった。

6月度の聴取率調査というのは、4月の番組改編の結果を見る重要な調査と言われており、その意味では、TBSラジオの4月の番組改編(ナイター中継廃止、赤江珠緒復帰など)は、成功だったという結論になるのだろう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「すっぴん!」で藤井アナがフリー宣言!?(笑) [ラジオ]

cl_20170922124244_2785749.jpg

番組内容|すっぴん!|NHKラジオ第1

NHKラジオ第1の朝ワイド番組「すっぴん!」のアンカーを務める、ベテランの藤井彩子アナウンサーが、嫌いじゃない。

過去にはいろいろあった人ではあるのだが、「すっぴん!」では、曜日別のパーソナリティをよくコントロールし、まさにアンカーとして番組を上手にコントロールしている感がある。

特に、木曜パーソナリティの麒麟・川島明の日は、関西のイントネーションを隠さず、雰囲気も柔らかく変わるのがいい。

さすがに、「すっぴん!」を毎日聴く時間はないが、「らじる★らじる」で「すっぴん!」の聞き逃し配信をしているので、毎週、木曜の「日本一早い! 大喜利コーナー」は楽しみに聴いているし、それ以外にも、興味あるゲストが出るときは、聴いている。

「日本一早い! 大喜利コーナー」は、朝の時間帯ということもあるのか、名の知れた常連リスナーだけでなく、70歳のお年寄りから子供までの面白い投稿が読まれることが、楽しい。

それでいて、トータルで投稿は常に高いレベルを保っており、毎週聞きたくなる魅力があるのだ。

聴き逃し | NHKラジオ らじる★らじる

さて、2018年7月5日(木)の「日本一早い! 大喜利コーナー」の冒頭挨拶で、藤井アナが、ベテランらしからぬトチリ発言をやらかし、爆笑をしてしまったので、是非とも聴いていただきたい。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

radiko.jpに関する新しい情報をいくつか [ラジオ]

radiko.jpg

NHK、radikoへの番組提供で週平均約22万人が利用。エリアフリー求める声も - AV Watch

「NHK・民放連共同ラジオキャンペーン」の一環として、radiko.jpで、NHKのラジオ番組を試験的に提供しており、今のところ2019年末まで配信予定だが、2017年度に関するアスクセス数のデータが発表された。

毎週の訪問者数の四半期平均は、2017年度第3四半期が216,717、第4四半期は224,216だったそうだ。絶対数はともかく、利用者数は順調に伸びているようだ。

なお、「らじる★らじる」のサイト・アプリを通じた提供(訪問者は全国が対象地域)では、2017年度第3四半期が811,780、第4四半期が907,252だったそうなので、それに比べればまだ少ない。
とはいえ、宣伝告知の行き届かない試験的配信だし、配信エリアも「らじる★らじる」に比べると、近畿圏で配信されなかったことなど制限があることを考えれば、実際の利用者数は大きな差はない気がする。

利用者からの意見として、継続を望む声や、エリアフリーへの対応、対象エリアの拡大などの要望も寄せられたそうだが、NHKは今後どうするのだろうか。

コスト的には、独自でやるより、radiko.jpに乗っかる方が安くつくはずであり、受信料の有効活用という意味では、radiko.jpに一本化して欲しい気はするな。

続きを読む


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - ラジオ ブログトップ