So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「この世界の片隅に」の片渕須直監督の次回作は? [映画]

konosekai.jpg

片渕須直監督の「この世界の片隅に」は、最初は小規模公開の映画だったにもかかわらず、日本では、どんどん上映館が広がり、さらにロングラン上映となった上に、今は、海外での上映も広がっているらしい。

『この世界の片隅に』ドイツでの反応は? “KAWAII”を超えた日本アニメへの関心|Real Sound|リアルサウンド 映画部

一番最初は、ドイツだったみたいだが、

「この世界の片隅に」が世界最大のアニメーション映画祭のトップバッターに 片渕監督に喝采

『この世界の片隅に』がフランスで公開 現地の反応は? - Excite Bit コネタ(1/2)

【海外の反応】ついにアメリカでも公開!「この世界の片隅に」の翻訳を紹介!

8月には米国で公開、9月にはフランスでの公開が決定。
さらにスペイン、イタリア、アセアンなど、今後世界各国で上映が続くという。

「この世界の片隅に」が全米で公開 ニューヨーカーたちの反応は? : 映画ニュース - 映画.com

映画を見た評論家や一般の人々の評判も高く、当然ながら、次回作に期待がかかるところだろう。

片渕須直監督は、今のところ、次回作に関しては、公式には何も発表していないが、漏れ聞こえてくる情報から分かることもある。

この世界の片隅に:片渕監督に聞く ヒットで「夢が正夢に」 次回作は「引き出しの中にたくさん…」 - MANTANWEB(まんたんウェブ)

まず、片渕須直監督のインタビュー記事から次回作について語っている部分を拾ってみると、

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「未来のミライ」を試写会で見た感想 [映画]

ogp-img.png

「未来のミライ」公式サイト

細田守監督の新作アニメ映画「未来のミライ」が、7月20日(金)に公開されるが、それに先駆けて、7月12日(木)に、当選した試写会で見てきた。
以下、かなり注意はしたが、若干ネタバレの部分があるので、気になる方は、映画を見てから読んでください。

試写会会場はシネプレックス平塚だったが、ほぼ満席状態。
上映ギリギリに行ったので、席が最前列だったが、それほど大きなスクリーンではなかったので、思ったより見づらくはなかった。

まず、見終わった後の感想としては、「監督の意図はある程度伝わったけど、これって面白いのかなぁ?」ということ。

未来のミライ - 映画情報・レビュー・評価・あらすじ | Filmarks

未来のミライのレビュー・感想・評価 - 映画.com

他の方の感想を読んでも、細田守監督の過去作とは、作風がだいぶ違うので、戸惑いも大きいようだ。

細田守の過去作とは違い、ストーリーがあってないような映画なので、見終えて「これは何を見させられたのだろう?」と思う人も多いと思う。

ただ、肝心の監督の意図を読み取らずに、それを「期待外れで、面白くない」で終わらすのは少し違うと思うので、これから映画を見る方のために、「この映画をどう見るべきか」を、まず書いておきたい。

映画の舞台は、いくつかのランドマークの描写から、横浜をモデルとしていると思われるが、そのものではない空想の街っぽい。

映画は、舞台となる街全体の遠景から、主人公の子供くんちゃんが住む、かなり特殊な形をした自宅の中庭にズームインするカットから始まり、それが、印象的に繰り返し使われる。

さて、この自宅、建築士であるくんちゃんの父親自身が、設計し、建てた家なので、地形を生かしたこだわりが詰まった家となっている。

この家の立地は特殊だ。周りはかなり大面積の邸宅が並ぶ宅地の中で、土地が細長く、しかもかなりの斜面に立地している。
そこで、家は、斜面に沿って階段で移動する特殊な形状をしていて、敷地いっぱいに家が建っている代わりに中庭があり、そこには立派な樫(?)の木がそびえたっている。

登場人物のセリフや設計思想から想像するに、ここはおそらく母親方の家族の何らかの由来の土地で、狭くて家を建てるのはあまりいい土地とは言えないが、愛着のあるこの場所に何とか自宅を建てたかった。
そして、その土地に家を建てるにあたって、夫は設計士として、長年生きながらえてきたこの土地のシンボルツリーを切るのが忍びなく、中庭を作って残したのだと思われる。

そして、家より先にあったこのシンボルツリーが鎮座する中庭から、このお話(くんちゃんの妄想?)はすべて展開する。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

米林宏昌監督が新作アニメ映画公開 [映画]

【メアリと魔女の花】興行収入何億?ジブリ映画歴代ランキングと比較 ? コトの壺

昨年夏、長編アニメ映画「メアリと魔女の花」を公開した米林宏昌監督と、西村義明プロデューサー率いるスタジオポノックだったが、大ヒットとは言い難い状況のまま、公開が終了してしまい、スタジオとしての存続は大丈夫なのかな、と正直心配していた。

ところが、この夏も、新作を公開するというニュースが入っていて、ちょっと驚いて、状況を再確認してみたら、予想外の状況であることが分かった。

「メアリと魔女の花」北米公開は順調なスタート GKID配給で過去最高 | アニメーションビジネス・ジャーナル

まず、2018年1月18日に北米公開となり、それが好調みたいだ(もちろん、ディズニーのような大規模公開ではないのだが)。
北米でアニメ映画を重点的に配給してきたGKIDSで、これまでの歴代1位「コクリコ坂から」(宮崎吾朗監督)の100万ドルを、軽く超え、宮崎駿監督作「もののけ姫」の興行成績を上回ったという。

その他の国でも、フランスでは観客動員32万人を超えるヒットを記録し、ロシアでは、日本のアニメーション映画で歴代1位となる興行成績を樹立するヒットとなっているらしい。

米林宏昌監督「メアリと魔女の花」4月28日から中国公開 : 映画ニュース - 映画.com

しかも、4月28日からは、日本映画の公開本数が厳格に制限されている中国でも公開され、イギリス、イスラエル、イタリア、スペイン、ドイツ、ブラジル、メキシコなどで公開される予定だそうだ。

日本でコケても、海外でこれだけ稼げれば、資金調達も全く問題ないはず。
今年も新作が公開できるというのも納得だ。


米林宏昌監督最新作に、木村文乃が主演!『ちいさな英雄ーカニとタマゴと透明人間ー』追加キャスト&スタッフ発表 ? CINEMATOPICS

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

細田守監督最新作「未来のミライ」のプロモーション [映画]

ogp-img.png

「未来のミライ」公式サイト

細田守監督の最新作「未来のミライ」は今夏公開:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ

以前にも一度ご紹介したが、いよいよ7月20日(金)より、スタジオ地図・細田守監督最新作「未来のミライ」が劇場公開される。

未来のミライ|あらすじ・キャスト声優一覧 | アニメイトタイムズ

その後発表された声優陣は、

・くんちゃん:上白石萌歌
・ミライちゃん:黒木華
・おとうさん:星野源
・おかあさん:麻生久美子
・謎の男:吉原光夫
・ばあば:宮崎美子
・じいじ:役所広司
・青年:福山雅治

という豪華ラインナップ。
さらにはニュースにはなっていないが(笑)、TBSラジオではお馴染み講談師・神田松之丞も、声優として出演したことを、ラジオ番組で自ら語っていた。しかも、ワンシーンのチョイ役ではないようだ。

映画は、すでに海外でも57の国と地域で公開されることが決まったようで、ググると、国内でも、「君の名は。」に負けられない!と、相当プロモーションに力が入っているのが分かる。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新海誠監督の次回作は? [映画]

細田守監督の最新作「未来のミライ」が今夏公開される一方で、新海誠監督の最新作はどんな状況なのだろうか?

調べてみたら、新海誠監督が所属するアニメ制作会社コミックス・ウェーブ・フィルムから、新作アニメ映画の発表があったようだ。

0000.jpg

コミックス・ウェーブ・フィルムの新作アニメ映画『詩季織々』今夏公開 - 映画・映像ニュース : CINRA.NET

残念ながら、新海監督の作品ではないのだが、「詩季織々」という作品が、今夏に東京・テアトル新宿、シネ・リーブル池袋などで公開されるそうだ。

「詩季織々」は、中国の3都市が舞台で、「食」「衣」「住」をテーマにした3つの短編作品「陽だまりの朝食」「小さなファッションショー」「上海恋」からなるオムニバス短編となっている。

総監督を務めるのは、中国のアニメスタジオ・ハオライナーズの代表リ・ハオリン氏で、各作品の監督は、「上海恋」がリ・ハオリン自ら、「陽だまりの朝食」は、実写映画出身でアニメ初挑戦のイシャオシン氏、「小さなファッションショー」は、新海作品のCGチーフを長年務めた竹内良貴氏の初監督作となる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感