So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

サンド・富澤たけしがコメディー映画の監督に挑戦 [映画]

normal.jpg

サンドウィッチマン、タモリ抜き1位 華丸・大吉2位|エンタメ!|NIKKEI STYLE

今やナンバーワンのお笑いコンビ「サンドウィッチマン」で、ネタ作りを一手に担当しているのが、富澤たけしであることは、よく知られている。
相方の伊達みきおも、たとえお笑いで売れなくても、富澤は、独りで放送作家やお笑いの原作者としてやっていける人間だと思っていたことを、インタビューでも答えている。

栗山千明が独眼竜ヒロインに!サンド富澤がドラマ脚本初制作 - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)

Sapporo International Short Film Festival & Market | SAPPORO Short Fest | 札幌国際短編映画祭

その富澤が、最初にドラマ脚本を手掛けたのが、2015年7月29日に、NHK BSプレミアムで放送されたドラマ「独眼竜●(=ハート)花嫁道中」。
主演は渡辺大で、藤次郎(渡辺)が、宮城の独竜町(架空の町)の町おこしのため、伊達政宗の正妻、愛姫の花嫁行列の再現を計画。男だけで花嫁行列するコメディーだったそうで、栗山千明は藤次郎が思いを寄せる幼なじみ・美貴役で出演したそうだ。
残念ながら、私自身はこのドラマを見逃してしまったが、脚本だけでなく、サンドの二人も出演していたようだ。

コメディとはいえ、きちんとしたドラマの脚本も書けるという実績が作れたこともあり、その後も、本人もやる気があったのだろう。

サンドウィッチマンがコントを映画化、意気込み - お笑い : 日刊スポーツ

2018年3月28日に、レギュラーの北海道ローカル番組「熱烈!ホットサンド!」(STV)の放送200回を記念し、富澤たけし監督で、自分のコントをベースにしたコメディー短編映画を製作することを発表した。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

宮崎駿監督新作は、完成まであと3~4年 [映画]

宮崎駿監督の近況は?:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ

宮崎駿監督が、最後にマスメディアで報道されたのは、高畑勲監督の葬儀だったが、その後は音さたなし。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

君たちはどう生きるか [ 吉野源三郎 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/10/29時点)


製作中と発表された新作長編アニメ「君たちはどう生きるか」は、その後の状況について発表がない状態が続いていた。

鈴木P、宮崎駿監督新作の状況を報告 - シネマトゥデイ

2018年8月5日に、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが、渋谷の大盛堂書店で開催された、初の小説「南の国のカンヤダ」出版記念トークイベント&サイン会に登壇し、報道陣の囲み取材に応じ、「君たちはどう生きるか」についても答えたようだ。

報道によれば、こう答えたそうだ。

「まる2年やっていますが、完成まであと3年か4年か。それくらいのペースですね。そういう真剣なものを作っています。今までできなかったものを期待してください。本当に面白いです」

となると、公開は2021年か2022年ということになる。
当初のプランでは、東京オリンピック前には、という話もあったが、まあ、宮崎駿らしく、順調に遅れているようだ(笑)
鈴木プロデューサーの口調からは、何か障害が起きて遅れている様子ではないのが、幸いなところか。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

庵野秀明監督の次回作は? [映画]

ある意味、宮崎駿監督の直系の弟子である庵野秀明監督は、2017年には、実写映画「シン・ゴジラ」が大ヒットし、次は何を作るのか、注目されているので、現在の状況を調べてみた。

「この世界の片隅に」のんが片渕須直のW受賞祝福に駆け付ける、キネ旬表彰式 - 映画ナタリー

2017年2月9日、「2016年 第90回キネマ旬報ベスト・テン」で、「シン・ゴジラ」が日本映画脚本賞を受賞したが、庵野監督が欠席し、代理としてエグゼクティブプロデューサー山内章弘氏が登場したのだが、そこで庵野監督からのメッセージとして、「監督はすでに次回作の制作に入られています」と近況を伝えたというニュースが伝えられた。

『シン・ゴジラ』続編は「誤解」 庵野秀明の会社が説明 - シネマトゥデイ

2017年3月22日~23日に、Bunkamuraオーチャードホールにて開催された交響楽コンサート「シン・ゴジラ対エヴァンゲリオン交響楽」で、スクリーンに「『ゴジラ』シリーズの次回作及び『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』にご期待ください」というメッセージが表示されたことで、ツイッターなどで、庵野監督で「シン・ゴジラ」の続編制作決定という噂が流れたらしいのだが、それは誤報とのこと。

その後、しばらく新しい情報がなかったのだが、最近、ようやく庵野監督の新作が2020年に公開されることが発表された。
東宝、東映、カラーの3社が共同で映画配給業務を行うという。

063457cd.jpg

庵野秀明、『シンゴジラ』で軌道に乗りエヴァ新作が動き出した!凄腕監督の歴史を紐解く | ciatr[シアター]

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「この世界の片隅に」の片渕須直監督の次回作は? [映画]

konosekai.jpg

片渕須直監督の「この世界の片隅に」は、最初は小規模公開の映画だったにもかかわらず、日本では、どんどん上映館が広がり、さらにロングラン上映となった上に、今は、海外での上映も広がっているらしい。

『この世界の片隅に』ドイツでの反応は? “KAWAII”を超えた日本アニメへの関心|Real Sound|リアルサウンド 映画部

一番最初は、ドイツだったみたいだが、

「この世界の片隅に」が世界最大のアニメーション映画祭のトップバッターに 片渕監督に喝采

『この世界の片隅に』がフランスで公開 現地の反応は? - Excite Bit コネタ(1/2)

【海外の反応】ついにアメリカでも公開!「この世界の片隅に」の翻訳を紹介!

8月には米国で公開、9月にはフランスでの公開が決定。
さらにスペイン、イタリア、アセアンなど、今後世界各国で上映が続くという。

「この世界の片隅に」が全米で公開 ニューヨーカーたちの反応は? : 映画ニュース - 映画.com

映画を見た評論家や一般の人々の評判も高く、当然ながら、次回作に期待がかかるところだろう。

片渕須直監督は、今のところ、次回作に関しては、公式には何も発表していないが、漏れ聞こえてくる情報から分かることもある。

この世界の片隅に:片渕監督に聞く ヒットで「夢が正夢に」 次回作は「引き出しの中にたくさん…」 - MANTANWEB(まんたんウェブ)

まず、片渕須直監督のインタビュー記事から次回作について語っている部分を拾ってみると、

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「未来のミライ」を試写会で見た感想 [映画]

ogp-img.png

「未来のミライ」公式サイト

細田守監督の新作アニメ映画「未来のミライ」が、7月20日(金)に公開されるが、それに先駆けて、7月12日(木)に、当選した試写会で見てきた。
以下、かなり注意はしたが、若干ネタバレの部分があるので、気になる方は、映画を見てから読んでください。

試写会会場はシネプレックス平塚だったが、ほぼ満席状態。
上映ギリギリに行ったので、席が最前列だったが、それほど大きなスクリーンではなかったので、思ったより見づらくはなかった。

まず、見終わった後の感想としては、「監督の意図はある程度伝わったけど、これって面白いのかなぁ?」ということ。

未来のミライ - 映画情報・レビュー・評価・あらすじ | Filmarks

未来のミライのレビュー・感想・評価 - 映画.com

他の方の感想を読んでも、細田守監督の過去作とは、作風がだいぶ違うので、戸惑いも大きいようだ。

細田守の過去作とは違い、ストーリーがあってないような映画なので、見終えて「これは何を見させられたのだろう?」と思う人も多いと思う。

ただ、肝心の監督の意図を読み取らずに、それを「期待外れで、面白くない」で終わらすのは少し違うと思うので、これから映画を見る方のために、「この映画をどう見るべきか」を、まず書いておきたい。

映画の舞台は、いくつかのランドマークの描写から、横浜をモデルとしていると思われるが、そのものではない空想の街っぽい。

映画は、舞台となる街全体の遠景から、主人公の子供くんちゃんが住む、かなり特殊な形をした自宅の中庭にズームインするカットから始まり、それが、印象的に繰り返し使われる。

さて、この自宅、建築士であるくんちゃんの父親自身が、設計し、建てた家なので、地形を生かしたこだわりが詰まった家となっている。

この家の立地は特殊だ。周りはかなり大面積の邸宅が並ぶ宅地の中で、土地が細長く、しかもかなりの斜面に立地している。
そこで、家は、斜面に沿って階段で移動する特殊な形状をしていて、敷地いっぱいに家が建っている代わりに中庭があり、そこには立派な樫(?)の木がそびえたっている。

登場人物のセリフや設計思想から想像するに、ここはおそらく母親方の家族の何らかの由来の土地で、狭くて家を建てるのはあまりいい土地とは言えないが、愛着のあるこの場所に何とか自宅を建てたかった。
そして、その土地に家を建てるにあたって、夫は設計士として、長年生きながらえてきたこの土地のシンボルツリーを切るのが忍びなく、中庭を作って残したのだと思われる。

そして、家より先にあったこのシンボルツリーが鎮座する中庭から、このお話(くんちゃんの妄想?)はすべて展開する。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感