So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ネット配信 ブログトップ
前の5件 | -

ラジオリスナーをアプリで囲い込むのは得策なのか? [ネット配信]

radiko.jp

ネット経由でラジオが聴けるというのは、大変便利なサービスで、特にradiko.jpは、プレミアム会員にも登録し、毎日愛用させてもらっている。
最近は、NHKラジオもradikoアプリで聴けるようになり、NHKを聞くときだけ別の「らじる☆らじる」アプリを立ち上げなければらならない不自由さからも解放されたのは有難いことだ。

その一方で、ラジオリスナーを放送局独自のアプリで抱え込もうという動きも出始めていて、リスナーの立場としては、首をかしげざるを得ない。

unnamed.jpg

RCCラジオが公式アプリ、面白かった場面をPUSH通知し聴取可能に | 日経 xTECH(クロステック)

2018年10月1日に、中国放送(RCC)が、RCCラジオの公式スマホアプリをリリースした。

RCCラジオ - Google Play のアプリ

ダウンロードはこちらから。

このアプリでは、radiko.jpを利用してRCCラジオが聴けると同時に、スマホのPUSH通知から番組の面白かった場面を、タイムフリーで聴けるようにする機能「キキミミ」をを搭載する。
その他に県内で発生した気象警報をPUSH通知で知らせる機能や、番組ごとの投稿フォームからメッセージを簡便に送る機能などを備え、番組ブログや最新の話題を読むこともできる。

RCCラジオだけを聞くリスナーにとっては、これは、とても便利なアプリと言えるのかもしれないが、こうしたアプリでリスナーを囲い込んでしまおうという内向きの姿勢が、果たしていいのか、疑問を感じるところもある。

コミュニティ放送 - Wikipedia

コミュニティFM局にも、似た動きがあり、これまでコミュニティFMのネット配信サービスというと、JCBA、SimulRadio、ListenRadioなどがあり、そのうち複数のサービスで配信するFM局もあれば、どれか一つのサービスでのみ配信するFM局もあり、それだけでもややこしかったのだが、

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

Amazon Echoがラジコプレミアムに対応 [ネット配信]

111f79fd-727c-8fcb-de84-9918b9a156eb.jpg

Amazon.co.jp: radiko.jp: Alexaスキル

Amazon Echoのradikoスキルが、ようやくラジコプレミアムに対応に対応し、プレミアム会員であれば、全国の民放ラジオ局が自由に聴けるようになったらしい。

早速試してみよう。

Android用のAmazon Alexaアプリを起動し、メニューからスキルを選び、radiko.jpのスキルを選択。

radiko.jpスキルの画面が表示されたら、設定>アカウントのリンクを選び、radiko.jpのアカウント入力画面で、radikoプレミアムのアカウントとパスワードを入力すると、そのアカウントがAlexaにリンクされる。

これで、Amazon Echoに、「アレクサ、ラジコで、(全国の放送局名)をかけて」などと命令すれば、制限なく全国のラジオ局が再生されるようになった。

ようやくという気もするが、それでもスマートスピーカーでは、待ち望んでいた初めての対応なのだから、嬉しいことだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

radikoでもターゲティング広告の実証実験を開始 [ネット配信]

WIZ RADIO

以前、JFN系FM局の放送を、無料で全国にネット配信する「WIZ RADIO」についてご紹介したが、このサービスでは、サービスを無料で実現するために、米国のAdswizz社と業務提携し、音声によるターゲティング広告「デジタルオーディオアド」の仕組みを利用して、広告収入を得ていた。

radiko2_o.jpg

ラジコで年代や性別などにあわせた音声広告の実証実験 - AV Watch

このたび、radiko.jpも、リスナーの年代や性別などの属性にあわせて音声で広告を流すターゲティング広告「ラジコオーディオアド」の実証実験を7月24日5時以降より開始するそうだ。
当面は、各ラジオ放送局の自社広告枠(他の番組の宣伝や、ACジャパンのCMが該当すると思われる)で実施し、当面は在京7局でスタートするそうだ。自社広告枠のみで始め、ラジオのスポンサーに影響を与えない範囲で運営する点は、「WIZ RADIO」と全く同じ。

ただ、このセグメント広告配信は、「ラジコDMP」と呼ばれるシステムで実現するそうで、「WIZ RADIO」のシステムとは似ているが、違うシステムで実現されるようだ。

一点謎なのは、radiko.jpでは会員登録が必要なのは有料のプレミアム会員のみであり、それ以外の利用者の属性情報を入力させるような手続きはないことだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Amazon Prime Videoチャンネルを日本で提供開始 [ネット配信]

たまたま、 6月14日(木)にAmazonプライムビデオのサイトを見たら、「Prime Videoチャンネル」なる文字が飛び込んできて、何だと思って調べたらこれだった。

Amazon-Prime-Channel-Japan-Release.jpg

Amazon Prime Videoチャンネルを日本で提供開始、Amazonプライム会員はPrime Videoにて有料チャンネルが視聴可能に|アマゾンジャパン合同会社のプレスリリース

Amazonは、「Amazon Prime Videoチャンネル」という新サービスを、日本で提供開始したらしい。

「Amazon Prime Video」は、Amazonプライム会員が見放題となるオンデマンドの動画配信サービスだが、「Amazon Prime Videoチャンネル」は、Amazonプライム会員向けに、多くの有料チャンネルから観たいチャンネルだけ選んで登録し、コンテンツを視聴できる配信サービスみたいだ。

チャンネルラインナップを見ると、J SPORTS、時代劇専門チャンネルNET、釣りビジョン セレクト、日経CNBC プラス、HISTORY、BBCワールドニュースなどの衛星放送やCATVでおなじみのチャンネルから、ストリーミング配信で初めて提供されるというアジアドラマチャンネルまで20チャンネル。

一点最初に私が勘違いしたのは、これらの20チャンネルは、基本、放送であり、CATVで流しているものを同じ編成で、IP放送として見られるのだろうと思ってしまったこと。

よく読むとそうではなくて、基本は、オンデマンドでいつでも、各チャンネルが提供する番組が見られるようで、チャンネルによっては、放送としてサイマル配信も行うということだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

エムキャスとTOKYO MX [ネット配信]

mcast.png

エムキャス - Wikipedia

「TOKYO MX」の番組を、インターネット網を通じて日本全国に同時配信する実証実験として、2015年7月1日より始まった「エムキャス」だが、当初の予定を過ぎ、現在は、本格サービスとして継続しているようだ。

エムキャスは、「TOKYO MX」の全ての番組がサイマル配信されるわけではないが、ほとんどの人気番組は網羅しているようだ。

Android/iOSアプリが用意され、Android版アプリはChromecastにも対応するので、スマホで選んだ放送を、テレビにキャストしてみることもできる。、

「エムキャス」テレビをネットで視聴!PC・スマホで無料リアルタイム放送

さらに、2016年1月5日以降、PCからWebブラウザでも見られるようになった(一部見られない番組もあるらしい)。

一方で、あまり話題にも上らないサービスなので、配信されているコンテンツのラインナップについてはあまりチェックしていなかったのだが、最近チェックしたら、案外サービスが充実し始めていることに気づいた。

続きを読む


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - ネット配信 ブログトップ