So-net無料ブログ作成

文学・小説 ブログトップ
前の5件 | -

第160回芥川賞・直木賞発表 [文学・小説]

最近、仕事も忙しいし、ブログの記事を書くのも時間がかかる。
時間がないのもあるが、仕事で、一日中パソコンや資料の文字を追い、文字を打つ仕事をしており、それが老眼で辛くなっている状態なので、さらに仕事を終えてからも活字の本を読むのがキツい。
結果、読書のペースがすっかり落ちてしまっている。

『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら - 書籍ニュース : CINRA.NET

なので、第160回芥川賞・直木賞の候補作品は、とうとう、すべて読んでいない事態となった。

『第160回芥川龍之介賞』候補作品
上田岳弘『ニムロッド』(『群像』12月号)
鴻池留衣『ジャップ・ン・ロール・ヒーロー』(『新潮』9月号)
砂川文次『戦場のレビヤタン』(『文學界』12月号)
高山羽根子『居た場所』(『文藝』冬季号)
古市憲寿『平成くん、さようなら』(『文學界』9月号)
町屋良平『1R1分34秒』(『新潮』11月号)

『第160回直木三十五賞』候補作品
今村翔吾『童神』(角川春樹事務所)
垣根涼介『信長の原理』(KADOKAWA)
真藤順丈『宝島』(講談社)
深緑野分『ベルリンは晴れているか』(筑摩書房)
森見登美彦『熱帯』(文藝春秋)

それどころか、お名前自体、古市憲寿、森見登美彦しか知らないし、読んだことがあるのは、森見登美彦だけという情けなさ。

芥川賞・直木賞が決定 “平成最後”3作品 - FNN.jpプライムオンライン

なので、今回の芥川受賞作、上田岳弘氏の「ニムロッド」と、町屋良平氏の「1R1分34秒」、直木賞受賞作の、真藤順丈氏の「宝島」について、何も書けることがない。

ただ、関連記事を読むと、今回は、直木賞受賞の「宝島」の評価がダントツだったようだ。
「戦後のアメリカ軍統治下の沖縄を舞台に、少年少女の青春と革命を描いた物語」だそうで、私も読んでみたくなっている。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今さらながら第159回芥川賞、直木賞受賞について [文学・小説]


第159回直木賞受賞会見(全文)島本理生さん「今回は完全に恋愛は切り離そう」 | THE PAGE(ザ・ページ)

芥川賞の高橋弘希氏、受賞に「ガッツポーズは出なかった」 | THE PAGE(ザ・ページ)

直木賞の島本理生氏「待った18年間」 芥川賞合わせ計6回候補 | THE PAGE(ザ・ページ)

ちょっと遅くなってしまったが、2018年7月18日に、第159回 芥川龍之介賞・直木三十五賞の選考会が行われ、受賞作が発表された。

芥川賞は、候補作の「風下の朱」(古谷田奈月/早稲田文学初夏号)、「送り火」(高橋弘希/文藝春秋)、「美しい顔」(北条裕子/群像6月号)、「しき」(町屋良平/文芸夏号)、「もう『はい』としか言えない」(松尾スズキ/文学界3月号)から、「送り火」が受賞。

直木賞は、「破滅の王」(上田早夕里/双葉社)、「宇喜多の楽土」(木下昌輝/文芸春秋)、「じっと手を見る」(窪美澄/幻冬舎)、「ファーストラヴ」(島本理生/文芸春秋)、「傍流の記者」(本城雅人/新潮社)、「未来」(湊かなえ/双葉社)の中から、「ファ-ストラヴ」が受賞した。

今回、ノミネート段階でちょっとしたトラブルが話題を呼んだ。

劇作家の松尾スズキが候補に挙がったのも話題を呼んだのだが、何より、

芥川賞候補“盗作”騒動 講談社VS新潮社の「大いなる」泥仕合に 当初は“大人の解決”方向も… (1/2ページ) - zakzak

北条裕子の「美しい顔」に参考文献の記載がなく、新潮社のノンフィクション「遺体 震災、津波の果てに」(石井光太氏)など5作品の描写が無断で使われたという疑いで、両者間のバトルに発展し、話題となったが、「送り火」(高橋弘希)が受賞したことで、そのバトルは沈静化したようだ。
直木賞候補作については、今回どの作家もほとんど知らないので、具体的な感想はなし。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第158回芥川賞・直木賞が発表された [文学・小説]

芥川賞、直木賞が決定。セカオワ・Saoriの「ふたご」は受賞逃す

完全に忘れていたが、1月16日夜、第158回芥川賞・直木賞の受賞作が発表されたそうだ。

今回、芥川賞は石井遊佳さんの「百年泥」と、若竹千佐子さんの「おらおらでひとりいぐも」の2作が選ばれ、直木賞は、門井慶喜さんの「銀河鉄道の父」が選ばれたらしい。

今回、一番話題になっていたのは、直木賞候補にはロックバンド「セカイノオワリ」のSaoriこと藤崎彩織の「ふたご」という作品が候補になったことだが、残念ながら受賞は逃したみたい。

ちなみに、今回の候補作は次の通り。

【芥川賞候補作品】
・石井遊佳(いしい・ゆうか)「百年泥」(新潮 11月号)
・木村紅美(きむら・くみ)「雪子さんの足音」(群像 9月号)
・前田司郎(まえだ・しろう)「愛が挟み撃ち」(文學界 12月号)
・宮内悠介(みやうち・ゆうすけ)「ディレイ・エフェクト」(たべるのがおそい vol.4)
・若竹千佐子(わかたけ・ちさこ)「おらおらでひとりいぐも」(文藝 冬号)

【直木賞候補作品】
・彩瀬まる(あやせ・まる)「くちなし」(文藝春秋)
・伊吹有喜(いぶき・ゆき)「彼方の友へ」(実業之日本社)
・門井慶喜(かどい・よしのぶ)「銀河鉄道の父」(講談社)
・澤田瞳子(さわだ・とうこ)「火定」(PHP研究所)
・藤崎彩織(ふじさき・さおり)「ふたご」(文藝春秋)

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第157回芥川賞は沼田真佑氏、直木賞は佐藤正午氏 [文学・小説]

第157回「芥川賞・直木賞」候補作決まる 柚木麻子氏・宮内悠介氏ら直木賞ノミネート | ORICON NEWS

今回は、ノミネート候補が発表された時点で、あまり興味が湧かなかった。

■第157回芥川龍之介賞候補作(掲載誌)
・今村夏子「星の子」(小説トリッパー春号)
・温又柔「真ん中の子どもたち」(すばる四月号)
・沼田真佑「影裏」(文學界5月号)
・古川真人「四時過ぎの船」(新潮六月号)

芥川賞に関しては、最近珍しく候補が4作と少なかった。最近、純文学誌など読まないので、どなたも知らないから、興味を持ちようがない。

■第157回直木三十五賞候補作(出版社)
・木下昌輝「敵の名は、宮本武蔵」(KADOKAWA)
・佐藤巖太郎「会津執権の栄誉」(文藝春秋)
・佐藤正午「月の満ち欠け」(岩波書店)
・宮内悠介「あとは野となれ大和撫子」(KADOKAWA)
・柚木麻子「BUTTER」(新潮社)

直木賞は、「盤上の夜」の宮内悠介氏や、ベテラン佐藤正午氏は知っているが、どちらもそれほど熱心な読者とは言えないし、宮内氏はSF畑だから、まず受賞は無理だろう。
佐藤正午氏が唯一の驚きで、超ベテランでありながら、これが初の候補だというが、そのぐらい。

受賞発表のニュースも、今回は、受賞者コメントが比較的地味だったこともあり、あまりニュースでも取り上げられず、発表当日は気付かなかったぐらい。


芥川賞に沼田真佑さん 直木賞に佐藤正午さん | NHKニュース

芥川龍之介賞は、沼田真佑氏の「影裏」が受賞。

2度目のノミネートだった今村夏子氏の「星の子」が有力候補と言われていたらしいが、処女作で、まだこれ一作しか書いていない沼田氏が、ほとんど喧嘩状態の対立した議論の末、受賞したとのこと。
「一作のみ」というのが実力を測る上で障害になったようだが、それだったら又吉直樹だって、そうだったはずだけどね。

沼田真佑氏は、北海道小樽市出身で盛岡市在住の38歳だそうだ。
大学を卒業後は、福岡市で塾講師を務め、現在は盛岡市で塾講師などのアルバイトをしながら小説を執筆しているという。
受賞作の「影裏」は、処女作品で第122回文學界新人賞を受賞し、芥川賞も当然初の候補での受賞となった。

「影裏」は、盛岡市の会社に異動してきた男性が主人公で、そこで遭遇した東日本大震災をめぐる様々な人間関係や、主人公の内面を描いた作品だそうだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第156回芥川賞・直木賞発表! [文学・小説]


『直木賞』に6度目ノミネートの恩田陸、『芥川賞』は山下澄人 - 書籍ニュース : CINRA.NET

第156回芥川賞・直木賞の候補作が、昨年12月20日に発表さていたが、1月19日、第156回芥川賞・直木賞の選考会が行われ、芥川賞が山下澄人「しんせかい」、直木賞は恩田陸の「蜜蜂と遠雷」に決定した。

第156回「芥川賞・直木賞」候補10作決まる 恩田陸氏・冲方丁氏ら直木賞ノミネート (オリコン) - Yahoo!ニュース

今回、芥川賞候補作となっていたのは、加藤秀行「キャピタル」(文學界12月号)、岸政彦「ビニール傘」(新潮9月号)、古川真人「縫わんばならん」(新潮11月号)、宮内悠介「カブールの園」(文學界10月号)、山下澄人「しんせかい」(新潮7月号)の5作。

一方、直木賞候補作となっていたのは、冲方丁「十二人の死にたい子どもたち」(文藝春秋)、恩田陸「蜜蜂と遠雷」(幻冬舎)、垣根涼介「室町無頼」(新潮社)、須賀しのぶ「また、桜の国で」(祥伝社)、森見登美彦「夜行」(小学館)の5作だった。

芥川賞候補については、正直、ほとんど誰も知らないが、直木賞候補は、冲方丁、恩田陸、森見登美彦など、すでに売れっ子の作家で今さら感もある人も散見される。

なので、特に直木賞が、一体誰が賞を取るのか、かなり注目していたが、結果として、芥川賞は、4度目のノミネートだった山下澄人さんの「しんせかい」が受賞。
直木賞は、6度目のノミネートだった恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」に決定!

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 文学・小説 ブログトップ