So-net無料ブログ作成

放送メディア ブログトップ
前の5件 | -

i-dioに新チャンネル「Voice Road Channel」 [放送メディア]

V-LOW周波数帯を使った地上波デジタルマルチメディア放送「i-dio」に、久々の前向きなニュースがあったので、ご紹介。

i-dio、4月1日から北海道で聴取可能に。全国7ブロック全てで開業 - AV Watch

「i-dio」サービスの全国展開が、総務省に届けた計画より遅れていたが、2019年4月1日から、北海道ブロックでも「i-dio」の放送サービスを開始し、ようやく全国展開が完了したそうだ。

これにより、放送エリアは北海道、東北、関東・甲信越、北陸・東海、近畿、中国・四国、九州・沖縄の全国7ブロック全てで開業となり、送信所は全国16局体制となるそうだ。

もちろん実際に放送を受信できるエリアは、FM放送に比べても広くないが、一応、これで全国展開の約束は果たしたことになる。。

Amanekチャンネル

一方で、開局時から、車向けに特化した放送を行ってきた「Amanekチャンネル」が、2019年4月21日(日)で終了となった。
車向けのサービスは、ハイレゾ級放送と並んで、「i-dio」の大きな特徴のひとつだったので、それを止めてどうするんだろうと思ったら、

r01_s.jpg

i-dio、ドライバー向け新チャンネル「Voice Road Channel」。ロボットアナ登場 - AV Watch

5月20日から、車向けの新たな放送チャンネル「Voice Road Channel」が新たに開局した。
車向け放送の看板を下ろすわけではないようだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

久々にデジタルマルチメディア放送「i-dio」関連情報 [放送メディア]

以前、ハイレゾ級音声放送「i-dio HQ」の番組が毎日同じでショボいと、批判した私だが、

bd53113b36ac3b15768aec1324439478bc770f371c994dbffeab0b9b1b4271a84a2d53e0bf885c81877781f3670d5dcf5178c8110592781789bcf864ca74c4d4.jpg

“ハイレゾ級”音声放送「i-dio HQ」が毎日11時間に拡大。e-onykoとコラボ - AV Watch

その後、11月5日から、ハイレゾ音源配信の「e-onkyo music」とコラボした番組が増え、「i-dio HQ」の放送時間枠が、毎日11時間に拡大されたそうだ。

これまで放送していた「OTOTOY RADIO」に加えて、新番組「J-POP NOW」「JAZZ NOW」「ROCK'N'POPS NOW」(邦楽・JAZZ・洋楽ジャンルのe-onkyoランキングからセレクトした話題曲を日替わりで紹介)、および、「The Right Stuff」(新譜発表、初ハイレゾ化、来日公演などの話題に沿ったアーティストを60分で紹介)が始まった。

初回放送の11月9日には、当時、来日公演中だったポール・マッカートニーを特集し、その後、クイーン、ザ・ビートルズ、YMO、井上陽水などの国内外アーティストを特集しているそうだ。

ただし、11時間とはいえ、リピート放送の時間枠も多いし、「OTOTOY RADIO」に至っては、7月に始まったのに、最新回がまだ第4回という笑える制作頻度。

また、ハイレゾ級と呼んでいる高音質で聴くには、依然としてiOS版「TS PLAY by i-dio」アプリをiOSデバイスにインストールし、96kHzに対応したDACを外付けするが必要があるのも変わらず。
Android(i-dio Phoneを含む)では、依然としてハイレゾではない音質でしか聞けない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

地デジの4K/8K化は、本当にあり得るのか? [放送メディア]

「新4K8K衛星放送」の無料放送の放送内容は?:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ

4K/8Kの衛星放送が、2018年12月1日からスタートし、それが受信できるチューナーやテレビが各社から発表されていることは、すでに何度か書いた。

総務省が「地デジの4K化」を検討:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

その一方で、地デジの4K化については、それを実現するための技術募集があったところまでは認識しているが、その後の動きは把握していない。

ただ、1チャンネルの帯域が狭いなど、衛星放送に比べて障壁が高く、簡単には実現されないだろうとは思っていたのだが、その後、何か動きがないか、調べてみた。

4k.png

地デジ高度化実験受信対策センター トップページ

特定ラジオマイク運用調整機構 -お知らせ-

すると、詳しい実験内容については分からないが、既に、地上デジタル放送の高度化(4K/8K)に向けた実証実験が、今年まで東京地区と名古屋地区で実施されており、電波発射に伴う、周りの周波数での放送や通信での利用に悪影響がないか検証を行っているようだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「新4K8K衛星放送」の無料放送の放送内容は? [放送メディア]

logo-880x579.jpg

実は身近なBS 4K。開始まで半年「新4K8K衛星放送」の注意点 - AV Watch

12月1日からスタートする「新4K8K衛星放送」だが、そのうち、BS右旋と呼ばれる、従来のBSデジタルチャンネルと同じ伝送方式で流れるチャンネルは、新4K8K衛星放送チューナー(約3万円~)、または、新4K8K衛星放送チューナー内蔵テレビを購入しさえすれば、BSアンテナや配線ケーブル、分配器、ブースターなどは、今のまま変えずに受信することができる。

具体的には、BS朝日、BSテレ東4K、NHK SHV 4K、BS-TBS 4K、BSフジ、BS日テレの6チャンネルがそれに該当するのだが、じゃあ、それらのチャンネルがどのような番組を流すのか、というのは、ほとんど世間に知られていない状況だ。

そこで、各局で、公開されている情報を調べてみた。

shv01_s.png

NHKスーパーハイビジョン|NHK

NHKが本気で挑む「4K/8K」勝負番組の衝撃 | メディア業界 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

まずはNHKだ。受信料を取るから無料とは言えないが、4Kで見ても、従来の衛星放送受信料から値上がりする訳ではない模様。
NHKはお金持ちだし、デジタル放送化の投資も速かったので、その更新時期も早く来たことで、既に放送設備の4K化が進んでいると言われており、NHK SHV 4Kチャンネルも、独自編制となるという。

と言っても、平日の番組は、BSハイビジョンなどとさほど変わらない構成になるようだが、例えば、ニュースなどではスーパーハイビジョンのみの独自コンテンツの時間帯も設けられるらしい。
それ以外の共通番組も、基本は4Kで撮影し、BSハイビジョンでは、それをフルHDにダウンコンバートして流す形になるようだ。
さらに、週末には、4Kチャンネル独自の大型特集番組を中心にした編制し、4K映画を放映する「4Kシアター」も土曜日夜9時からの枠を割り当てるという。

4K映画については、最近、黒沢明作品や、スターウォーズ、2001年宇宙の旅、刑事コロンボなどの4Kリマスター化が話題になっている通り、フィルムからの4Kリマスター化が進んでおり、こうした映画が上映される可能性はありそうだ。

放送開始になる12月1日、2日には特別番組として南極からの4K生中継に挑むらしい。

資料を見ていてもNHKの意気込みは伝わり、今のところ、BS右旋のチャンネルでは、一番力が入っていて、見どころが多そうなチャンネルとなりそうだな。

BS朝日4K放送 | BS朝日

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

なぜi-dio関連の記事を書き続けるのか [放送メディア]

529532.jpg

デジタルマルチメディア放送、というか、自分はデジタルラジオ放送としか認識していない「i-dio」だが、最近は聞きたい番組もなく、他の聴きたい他局の番組で手一杯のため、全然聴いていない。

そもそも、予約録音できるラジオも、radikoタイムフリーのようなサービスもないため、リアルタイムで聴くしか方法がない。
聴きたい番組があったとしても、今さら番組を聞くために放送開始時間を待つなんて、面倒なことはもうやってられない。

それでも、継続的にi-dio関連の記事を書き続けている。

理由は、簡単。

何故だかは分からないが、私がこのブログで書く記事の中で、i-dio関連の記事は、比較的コンスタントにアクセスが多いからだ。

i-dioなんて、認知度も著しく低い放送メディアのはずだが、その割にアクセスが多い理由はよく分からない。
i-dioの話題を扱うブログも少ないから、マイナーなりにアクセスが集まる現象なのかもしれない。

「文句があるなら、聴かなければいい」というのは、よく5chなどでもよく聞く文句であり、重々承知なのだが、そんな訳なので、自分は聞く気はなくても、ニーズがあって反響があり、アフィリエイトにも貢献してくれるのなら、今後も記事は書き続けるだろう。

そんな訳で、「i-dio」関係の最近のニュースを、いくつかご紹介。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 放送メディア ブログトップ