So-net無料ブログ作成

公共サービス ブログトップ

地元自治体での災害情報の入手方法を見直す [公共サービス]

1280px-神奈川県藤沢市市章.svg.png

防災行政無線の運用管理について|藤沢市

私が住む藤沢市では、災害発生時などに、街中のあちこちに設置されたスピーカーから重要な情報が流される「防災行政無線」というサービスを運用していることを知っている。

このサービスでは、災害時だけでなく、お年寄り行方不明者があった場合にその呼びかけや、子どもが不審者に出会った場合に、その注意喚起のための放送が、行われているため、割と日常的に街中で聞こえている。

ただ、この「防災行政無線」の放送、肝心の台風の時などは、その雨風の騒音のせいで、家の中にいると、何が放送されているのか、全く聞こえないし、そうでなくても、東日本大震災の後、頻繁に放送があったのだが、音質が悪くて、外に出てもなかなか詳しい内容が聞き取りづらく、じゃあと、藤沢市のホームページにアクセスしても全然繋がらない。
「みんながこれを聞いて行動せよ」と言っても厳しいよなぁ、と常々思っていた。

最近も、台風や地震などの災害が相次いだこともあり、改めて藤沢市の緊急災害放送について、詳しい運用を調べてみたら、屋外のスピーカー以外にも、次のような災害情報の入手手段が用意されていることが分かった。

(1)「テレドーム」システム(電話による防災行政無線の確認)
電話番号:0180-994-144に電話すると、防災行政無線の内容が確認できる。
ただし、プリペイド式携帯電話、「050」から始まるIP電話、公衆電話からはご利用できない。

(2)ツイッター(防災行政無線放送内容のツイート)
ふじさわ防災ナビ~ツイッター(@Bousai_Fujisawa)さん | Twitter
こちらの「ふじさわ防災ナビ~ツイッター」の公式アカウントをフォローしておけば、防災行政無線放送内容をツイッターで確認できる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
公共サービス ブログトップ